読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎マスタード三昧:キャベツとレンズ豆と人参の煮込みと焼き鮭のマスタード添え、粒マスタード入りコールスロー、ワカモレ風サラダ、マスタードシード入りひよこ豆粉のパン

前日に焼いておいた鮭を前日に作っておいたキャベツと人参とレンズ豆の煮込みの上に置き、一緒に温め直す。

前日はどちらも味をみただけで、確信的に1日おいた。それぞれに味がこなれ、一緒に温めると違う調和が生まれる。野菜の蒸気で身がふんわり、野菜にも鮭の旨味がほのかに染みて良い感じ。

f:id:pyopyopyon:20170225110906j:image

マスタードをたっぷりつけて食べる。

ちなみに野菜の煮込みはキャベツ丸ごとを8等分にして、豆が煮えるのに最低量の水分で。味付けはシナモンとカルダモンの粒を2つ。

 

サラダプレート。

f:id:pyopyopyon:20170225111232j:image

コールスローは、キャベツ、紫玉ねぎ、香菜、塩ぱらり、レモン汁、粒マスタード

ワカモレ風サラダは、アボカド、トマト、紫玉ねぎ、香菜、コリアンダー粉、塩ぱらり、レモン汁。

辛いサルサを少し添えて。

パンは最近気に入ってしつこく焼いているパン。

これを先に上げようと思ったが順序が狂った。

 

 

コーホーサーモン(銀鮭)のレモンマスタード焼き、人参、大根、芽キャベツ、紫玉ねぎ、香菜、干しクランベリーのサラダ、香菜とココナツフレークの辛い薬味、焼きカリフラワー、

コーホーサーモン(銀鮭)1パウンド(450g)。

一人だと通常は2回分になるから、半分に切る。

酒(相方がいないので白ワインがない)、レモン汁をたっぷりかけて、片方はそのまま、もう片方は粒マスタードをたっぷり塗って、両方とも焼いておく。

マスタードシードを塗り込んだのは、焼きたてを食べる。

これは変わらずに好きな食べ方。

 

皿の上の何がどこから口の中で混ざっても、取り合わせに満足、なプレート。

f:id:pyopyopyon:20170225105345j:image

付け合わせたのは

・カリフラワーのロースト(オリーブオイルとレモン汁をかけて焼いただけ)。

・大根(千切り)、芽キャベツ(千切り)、紫玉ねぎ(千切り)と塩とレモン汁を合わせたものにキャロットラペを追加してよく混ぜて、香菜、クランベリーをさっと合わせたサラダ。

・リコさん風のココナツ薬味(いや崩れまくっているけど。)今回は香菜とココナツフレーク、レモンの皮、チリペッパーフレーク、塩を合わせたもの。

ひよこ豆粉とオーツ麦のマスタードシード入りパン。

 

このパンが魚料理ととてもよく合うのだ。

この前日にはイサキに、トルコの魚用調味料とほうじ茶の出がらしを乾燥させたものを合わせ、焼いて食べた。)

f:id:pyopyopyon:20170225110138j:image

 

 

あとは前記事に書いたスープ。

 大満足。

 

 

 

 

 

 

ひよこ豆粉とスパイスで焼きカリフラワー、大根とカリフラワーの茎と紫玉ねぎとマッシュルームと香菜のサラダ、ツナ缶の黒豆和え

パコラ(ひよこ豆粉とスパイスの衣での野菜の揚げ物)イメージの焼きカリフラワー。

ネットで見つけたレシピだが、最初のプロセスが気になったのでやってみた。

 

すなわち、カリフラワー丸ごとを、塩とターメリックに熱湯を注いだ中に突っ込んで20〜15分放置。

f:id:pyopyopyon:20170225101511j:image

洗浄、下味かつ、加熱。

なるほど。この方法、他にも火の通りの悪いものを焼く時に使えそう。

 

それを適当な房に分けて、

ひよこ豆粉1カップ、赤唐辛子粉、ターメリックガラムマサラコリアンダー粉、アジョワンシード(無いので省略)、ギー(バター使用した)、冷水、ライム汁で作った衣を塗して、200度のオーブンで20分ほど焼く、と。

f:id:pyopyopyon:20170225101930j:image

出来栄えとしてはもう一歩、いやもう5歩くらい。分量をきちんと守らなかったこと、房が大きすぎたのが原因だ。あと、うちのオーブンはもっと高めの温度が良さそう。

だが翌日になると味が落ち着いて、冷たいままでも温めなおしても美味しくなっていた。

衣が余ったのでマッシュルームも作ったら、これが好みだった。

 

 

熱湯に浸からなかったカリフラワーの茎は、久しぶりに生でサラダにした。

一緒に食べたもの。

 

f:id:pyopyopyon:20170225102726j:image

プレートの上に載っているのは、

 

・カリフラワーの茎(薄切り)、大根(千切り)、紫玉ねぎ(薄切り)、ネギ、マッシュルーム(薄切り)、塩と混ぜ、ターメリック粉とレモン汁、香菜。

・アボカド

・アサフェティダで煮た黒豆とネギ、ライム汁で和えたツナサラダ

ひよこ豆粉とオーツ麦のマスタードシード入りパン(これはここのところのお気に入り)

 

 あと、大根、南瓜、人参、リーク、生姜、隠し味にシナモンのスープ。

f:id:pyopyopyon:20170225103100j:image

これは自分の定番的な組み合わせで、たくさん作っておき、小鍋に取ってその時々の気分で味付けを変える。

 

 このパンについては後ほど記事にする予定。