読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

1月29日の夕ご飯: キヌアサラダ、ココナツ味噌スープ、サグパニール

南アジア料理

1月29日

前菜:さっぱりサラダ

ルッコラ、キヌアのタブーリ、カボチャの種、ひまわりの種、くこの実、オレンジマスカットホワイトビネグレット

f:id:pyopyopyon:20140129185001j:plain

 

 

その2:サラダ手巻き

スモークサーモン(昨日の残り)、アボガト、スプラウト(クローバー?)、エシャロット、ニンニク味噌&ワサビを海苔に巻いて。

どうやって食べるかというとこんな感じ(昨日の写真)

f:id:pyopyopyon:20140129190626j:plain

 

・カボチャのココナツ味噌スープ(かなりのヒット!パセリのガーニッシュも◎)

・サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)、バセマティライス

f:id:pyopyopyon:20140129192828j:plain

カボチャのココナツ味噌スープは、茅の舍の野菜出汁でカボチャ、キャベツ、玉ねぎをくつくつと煮込み、ココナツミルクと味噌を足して味を馴染ませました。

 

サグパニールはお向かいのインド人の方と一緒に作りました。

★作り方覚え書き★

1. パニールと言うインド北部のチーズを中火で揚げ焼きにする。

  その間に1.2kgのほうれん草をザク切りにする。

2. チーズがきつね色になったら取り出して、そこにみじん切りにしたニンニク12片、生姜大きめ1かけをじっくり炒める。

3. 2に1のほうれん草を投入。全体にふにゃふにゃになるまでじっくり炒める。

4. ヘビークリーム(ハーフ&ハーフで代用)大さじ4を投入し、弱火で15分。

5. 4に2で取り出したチーズを投入。15分程弱火でじっくり炒め、ガラムマサラ、塩、レッドペッパーで味を整える。

 

ガラム=ホット、辛い、マサラ=ミックス、という意味で、北部のスパイスだそう。

 

この日はサグパニールが加わったので、急遽食べたかったカボチャの味噌汁をココナツミルクのスープ仕立てに変更しました。かなりのヒット。写真を並べてみると、グリーンばかり。。サーモン、くこの実が紅一点となった食卓でした。

 

おまけ:1月30日前菜のサラダ

ルッコラ、キヌアのタブーリ、発芽アーモンド、ひまわりの種、クランベリー、柿、トレーダージョーズのヴィネグレット。f:id:pyopyopyon:20140203115542j:plain

この組み合わせは好評です。発芽アーモンドは柔らかいので包丁で簡単に切れます。