アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

3月9日の夕ご飯: クレープで手巻き:畑の肉味噌=テンペ味噌、カボチャ餡、白菜と生姜とネギと人参と大蒜のバルサミコ酢炒め、シシトウ炒め等

この日はヒョウタンから独楽(こま)で手巻となりました。

 

f:id:pyopyopyon:20140310215819j:plain

でも、寿司でも中華パンケーキでもベトナム春巻きでもインドのドサでもない。

 

 

主役は甘辛い味を染ませた畑の肉味噌こと「テンペ味噌」です。(今命名しました)

これをふわふわクレープ生地で巻きます。

 

 

全くの成り行きでできた、畑の肉味噌=テンペ味噌。

f:id:pyopyopyon:20140310221812j:plain

 (手前)

ウェブで見つけた「テンペでツナサラダを作る」レシピに八丁味噌を使ってみたら、味噌の香りがしっかりと染み付いてしまったのがきっかけでした。

ツナになるのは無理そうです。

苦肉の策で、ほぐしてみじん切りの玉ねぎ、生姜と一緒に甘辛にしてみたら、これがまた、適当なのになかなか美味しい!!

(テンペ味噌はレシピを別エントリーに残しておきます。)

 

そして以前「カネロニ」で焼いたクレープ生地と合いそう、とひらめきました。

 

f:id:pyopyopyon:20140310223155j:plain

不細工ですが、ふわふわ甘くてお味は最高です。

そして見かけによらず頑丈です。

粘りがあって簡単には破れません。

 

甘辛テンペ味噌の他に味のメリハリを考えて以下を用意しました。()内は味付け詳細

甘 ・カボチャペースト(カイエンペッパー、シナモン)

酸 ・白菜、人参、椎茸、ネギ炒め(大蒜、生姜、酒、バルサミコ酢、しょうゆ数滴)

辛 ・シシトウ炒め(相方作)

鮮 ・生野菜(白菜、香菜、パプリカ、余り物リーフ)

 

タレは、

「なんちゃってホイシンソース」と、これにベジタブルペーストを合わせたもの2種類を用意。

「なんちゃってホイシン」は、醤油(2)とお酢(1)とアガベシロップ(1/2)を水(1)で薄めたものを弱火で加熱して、最後に小麦粉少々でとろみをつけました。

添加物を減らすために合わせ調味料は極力買わず、似たものを手作りすることにしています。

相方はオリジナル版、私はベジペースト版が気に入りました。

 

こんな感じに好きなタレと具を載せて、巻き巻き。

f:id:pyopyopyon:20140310225044j:plain

 

はりはりの白菜に載せても美味しかったです。(“はりはり”についてはコチラ

白菜も破れずそのまま支えてくれたので海苔は不要でした。↓

f:id:pyopyopyon:20140310225223j:plain

 

これでかなりお腹いっぱいに。

でも豚汁はしっかりといただきました。(相方はおかわりも・・・)

味がどんどん丸くなります。

 

週末の楽しいディナーでした。

 

 

(テンペのウェブで見つけたオリジナルレシピ