アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

3月10日の夕ご飯:アマランサスを使った烏賊の印籠煮、ルッコラの和風サラダ、香菜の煮浸し、テンペのマスタードと八丁味噌風味焼、きんぴら、なめ茸、豚汁その他

烏賊と里芋を煮るつもりでしたが、ふと、アマランサスを「子持ち」に見立てて印籠煮にしてみようと思いつきました。

 

そこから始まったこの日のお献立。

上段は、

・獅子とう炒め、テンペのマスタード八丁味噌風味焼、ふかし里芋

なめたけきんぴら(先日作った常備菜)

・ルッコラ、海苔、くるみの和風サラダ(わさび出汁しょうゆ)

f:id:pyopyopyon:20140313002902j:plain

 下段は、

・香菜(シラントロ)の煮浸し

・烏賊の印籠煮(アマランサス、ひじきと豆腐とにんじん)

・塩麹お漬物(白菜、人参)

 

 

ルッコラ和風サラダの作り方はこちら

テンペは、昨日の蒸し煮にした状態のテンペをこんがりと焼きました。これ、グッドアイデアでした!

ほくほくしていてまるでハンバーグです。昨日のホイシンソース+ベジタブルペーストがよく合いました。

 

シラントロの煮浸しは思いつきでしたが、こちらもヒット作。

さっと湯がいて鰹出汁に浸しておくと、セリか三つ葉の代わりになります。これは海外在住の方にぜひ試していただきたい。

 

 

そして・・・

烏賊の印籠煮。

f:id:pyopyopyon:20140313004947j:plain

「印籠煮」は初めて作りましたが、これは今日の大ヒットでした。

また作りたいので覚え書きをアップしようと思いますが、中に入っているのは、

生姜、叩き梅と一緒に炊いたアマランサスと、ひじき、にんじん、豆腐、ネギ、生姜の甘辛い炒め煮。 

 

生のままの烏賊に具をぎゅうぎゅう詰めたのですが、後で調べると先に烏賊を霜降りにしてから詰めるのですね。

 

 

でも本当に綺麗に仕上がって、切ると切り口の色目が美しくて二度驚きました!!

アマランサスのぷちぷちした食感が思惑通りに子持ちのようです。

 

これで二人とも結構お腹がいっぱいになりましたが、別腹にて豚汁をいただきました。

いっそう深みを増していて、控えめにですがお代わりをしてしまいました。

 

 

 

ここからは余談です。

 

何か料理を作り始めてから最終的な献立が決まっていくのですが、和食は特に時間がかかるため、今回はあらかじめ献立も考え、おおまかな盛りつけも紙に書き出して、どれだけ時間が縮まるか試してみました。

結果、途中でメニューも変わったし、時間もあまり縮まったようではありませんでした。

時間がかかるのは、計画性や段取り付けのためではないようです。

 

それが分かっただけでも良かったです。

でも、ビジュアライゼーションのよいトレーニングと思います。

美味しい懐石料理を作る方を尊敬します。