アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

4月8日の夕ご飯:塩麹豆腐と海老ときゅうりと紫蘇重ね、ナムル風サラダ(ルッコラとトマト、ラディッキョ)、アボカドと紫蘇とトマトと玉ねぎの和風サラダ、舞茸の辛子味噌和え、ユーチョイ(中国油菜)のお浸し、ほうれん草卵巻き

この日も出だしが遅れ、1〜2品で終わるつもりでしたが、手を動かし出すと身体の動きも加速し、むしろ止まらなくなりました。

f:id:pyopyopyon:20140410095703j:plain

 

勢いあまって一気に出すと、量の計算も狂たようです。(一人前↑)

でも、一品一品がとても美味しく、お腹いっぱいになりながら食べ切りました。

 

 

 

前菜プレート

f:id:pyopyopyon:20140410100422j:plain

以下にいくつか、ご紹介します。 

 

・塩麹豆腐、海老、きゅうり、紫蘇重ね

f:id:pyopyopyon:20140410101503j:plain

ただ材料を重ねただけですが、これは本当に美味しいです。

甘みと旨味が増してクリーミーになった豆腐と海老、塩麹の塩気がほどよく染みたキュウリ、紫蘇の香りが全体を包みます。

 

 

・ほうれん草卵巻き

f:id:pyopyopyon:20140410101950j:plain

こちらは昨日の残りですが、良く冷えて美味しいです。

出し醤油を少し垂らして、胡麻の香りでいただきます。

 

  

・ナムル風サラダ(ルッコラとトマト、ラディッキョ)

前日と同じようなタレを作りましたが、今度はニンニクを少し減らし、昆布出汁とレモンを加えてさっぱりさせると良かったです。別にレシピを載せます!

 

 

・アボカドと紫蘇とトマトと玉ねぎの和風サラダ(和風ワカモレ)

香菜がなかったので紫蘇を使い、レモン汁と出汁とお醤油で和えると、和食にしっくり馴染みました。

 

 

 

 

小鉢:

・イイダコとワカメの辛子酢みそ

f:id:pyopyopyon:20140410101152j:plain

 レモン汁、白みそ、アガベ、昆布出汁に辛子をきかせた酢みそを作り、下に敷きました。

 

・ホタテ小柱とおねぎの卵とじ

f:id:pyopyopyon:20140410103357j:plain

お酒に海老のゆで汁もちょっと加え、少しのお醤油で味をつけましたら、海鮮おじやのような味わいになりました。

 

あと冒頭写真の左は、大根、ユーチョイとネギのお味噌汁と韓国の豆雑穀ご飯。

 

数えてみると、一汁九菜の夕ご飯でした。 作るのにかかった時間は2時間半。

勢いで食べて、あっけなく終了しましたが、取り合わせも、一品一品も美味しくできました。

 

お腹を膨らした原因は、

大きなアボカド一個を使った和風ワカモレと、小柱卵とじだったようです。

品数があるので半分くらいが良かったと思います。