アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

★番外篇:阿波のくにー 徳島はしりはしり2014.7(その2)

(←前回からの続き)

戻りの飛行機は夕方でした。

お昼をお友達夫婦の営むお店でいただいた後、

午後からの数時間は体力温存のため、知らない列車(徳島に電車はない)に乗って、車窓からの眺めを楽しむことにしました。

 

まずは時刻表とにらめっこです。列車の本数が少ないので、帰る時間も要注意。

徳島駅から南へ走る牟岐線に乗り、きれいな響きの名前に惹かれて「阿波橘(あわたちばな)」という駅で降りることにしました。

 

ワンマン列車が出発です。

少し走ると車窓の向こうに青々とした田んぼが一面に広がり、緑の大海原のように波打っています。そして、その中でしらさぎが遊んでいるのを見て、涙が出そうになりました。

 

1時間ほどで阿波橘に到着。帰るまで1時間20分ほどあります。

ネットの地図上で見た、津峯神社という山中の神社に行こうと思いましたが、期待していた地図が、現地に着くとどこにもありません。無人駅で駅員さんもいないし、タクシーもいない。取り敢えず、坂をぶーらぶらのぼります。

f:id:pyopyopyon:20140715002600j:plain

坂道沿いにはスペースをうまく活かした田んぼや畑が。

f:id:pyopyopyon:20140715002932j:plain

とんぼがたくさん飛んでいました。

 

昼顔にいろどられた石段がすてきです。

f:id:pyopyopyon:20140715003041j:plain

 

この蔓たちは、自分で這って行ったのでしょうか。

f:id:pyopyopyon:20140715003150j:plain

 

全貌。

f:id:pyopyopyon:20140715003224j:plain

 

蒸し暑かったこともあり、連日の疲れが出てきたので、津峯神社は諦めて坂を下り、伊島への連絡船の着く船着き場を見て駅前に戻りました。

お茶でも一杯、といきたいところですが、喫茶店らしきものは見当たらず・・・駅の自販機でお水を買って、ホームのベンチで風に吹かれて1人ぼーっと過ごしました。

車の音もほとんどなく、風と鶯をはじめとする小鳥の鳴き声にとてもリラックス。

 

ちなみに、駅の待合室はこんな感じ。

f:id:pyopyopyon:20140715004809j:plain

壁にはお遍路ポスター、

地元の広告の入った木の長椅子、年季の入ったゴザや座布団が良い味を醸しています。

f:id:pyopyopyon:20140715005413j:plain

無人駅なのに、空き缶ひとつ、チリ一つ落ちていませんでした。

 

またワンマン列車に揺られて徳島駅に戻り、ホテルで荷物を受け取って空港バスへ。

何をするでもありませんでしたが、のどかな空気に癒さたショートトリップでした。

 

徳島よ、さらば。また来ます。

 

続く→