アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎ミントソース(レシピ):ビーツとトマトとミントソースのサラダ、紫キャベツとクルミのコーススローミント風味

新鮮で力強いオーガニックミントの大きな束が、廉価で売られていた。

買ってみると、葉っぱが育ちすぎてとても固く、生食で食べ切るのは無理がありそう。

・・・ということで、ミントソースを作ってみました。

ミントソースはラム肉のソースとしてよく知られていますが、調べると、とてもシンプルなものでした。

 

作り方はいたって簡単。

ミントの葉っぱを90g分摘んで、みじん切りにして、玉ねぎ1/4〜1/2個をみじん切り、これらをブラウンシュガー少々と一緒に保存びんに詰め込んで、上からビネガーを注いでできあがり。

ホワイトワインビネガーかモルトビネガーということですが、無かったので赤ワインビネガーを使いました。

 

そして久し振りにビーツを買ってローストしました。

f:id:pyopyopyon:20140925054130j:plain

切ると汁が流れてしまうので、洗って皮ごと焼きます。いつもは50-60分くらいで火が通りますが、大きかったせいもあり爪楊枝を刺すとまだ固い。90分近くかかりました。

 

皮を剥いたところ。

f:id:pyopyopyon:20140928005209j:plain

強烈な色に息を呑む。

 

適当な大きさに切り、トマトと合わせて上述のミントソースと和えてみました。

f:id:pyopyopyon:20140928005351j:plain

 

ものすごく美味しい。

 

 

あと、紫キャベツの小さな一玉を千切りにして、ディジョンマスタードとシャンパンビネガー、塩麹少々で和えてサラダを作り置きました。

 

食べる時に、刻んだミントとパセリ、砕いたくるみをたっぷり和えます。

f:id:pyopyopyon:20140928005418j:plain

くるみの甘みとミントの爽やかさ、キャベツの旨味がとてもよく合います。

 

あとは、ミントティー。暑い季節にはミント水でしたが、もう寒いくらいに涼しいので。

 

葉っぱをむしって、適当な量をポットに入れて、お湯を注ぐだけ。

余ったら、冷やしたりゼリーにしても美味しいです。

 

これらのサラダと一緒に食べたものを、この後にアップします。