アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

番外篇★東京① Nさん宅にておもてなしの理想を見る。

ご無沙汰です。

所用にて、東京にいました。

スケジュールを立てられる状態ではなかったので、人と会うことはほぼあきらめていました。

でも無礼御免赦の直前アポにも関わらず、東京でお世話になっていたNさんから、とても素敵なおもてなしをいただいてしまいました。

 

世界各国を旅し、日本人を越えたのびやかなテイストで、エキゾチックで大胆なデザインをなさるファッションデザイナーさんだけに、お宅がとても素敵。

靴を脱いですぐの階段を上がると、2階が寛ぎの空間です。中国のアンティークな簞笥や、アフリカやアジアなど世界の民族の工芸品やテキスタイルが、広々としたモダンな空間にしっくり馴染んでいます。

 

そして相変わらずとても手際がよい。書のお稽古から戻られたばかりなのに、あっという間にいろいろとお料理をご用意してくださいました。

 

主役は無水で調理したお鍋。

f:id:pyopyopyon:20141204232900j:plain

どっしりと重たいお鍋と高さのある重たい蓋。タジンです。

なんと、このお鍋自体が、Nさんの自作でした。

一切水を加えずに加熱したレンコン、カボチャ、しめじ、しいたけ、舞茸、エリンギ、えのき、白菜、鶏肉のぶつ切り、豚肉などなどたくさんの素材はほくほく&しっとり、旨味や甘みがものすごく濃い。

少しの柚胡椒とゆずポン酢でいただきましたが、お箸が止まりませんでした。

 

揚げ鯖の南蛮漬け(器もNさん作)

f:id:pyopyopyon:20141204234045j:plain

これもびっくりするくらい、美味しかった。

ふっくら、パリっと揚がった鯖が、絶妙な味わいの合わせ酢をたっぷり吸っています。

この合わせ酢、にんじん、玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、ネギ、唐辛子、そしてすりおろし生姜がたっぷり入っているそう。野菜の甘さと歯ごたえが引き立って、そのままスプーンですくって飲みたいくらいくらいでした。

 

 

食べかけでごめんなさい。お取り皿や小鉢もNさん自作。

f:id:pyopyopyon:20141204234537j:plain

 

f:id:pyopyopyon:20141204234732j:plain

最初は写真撮るのが気が引けたのだけど、やっぱり思い出として書き留めたくなった。こんなことなら最初にきちんと撮れば良かったです。

 

他にもいろんなお野菜の炊き合わせや、磯の香りと塩気の美味しい小さなおにぎり、アボカド&マグロには山葵醤油にちょっとごま油を効かせてあったり、自家製の床漬けのぬかの香りが良かったり、とにかくNさんのお料理は、柔らかなハーモニーの中に、何かがひそんでいる。

 

それにしても、自作鍋で作った料理を、自作の器で振る舞う。

この発想はありませんでした。

ここは東京の真ん中ですが、もしNさんが畑のある田舎住まいなら、きっと野菜も育てているに違いありません。

理想の手作りディナーでした。

 

 

その後は写真家のだんなさんに作品を見せていただき、ひとしきり写真の話を。

お二人共、とにかくあたたかいお人柄で、チャーミングで、一緒にいると心からほっとします。

東京滞在の最高の思い出となりました。

 

いつもお二人にはお世話になりっぱなしです。

私も、いつか手作りのお料理でおもてなしをさせていただきたい。

どこで料理するのか?? ・・・は考えるとして、まずは腕を磨かなくてはなりません。