読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

黄ビーツとコーンと甘酢ラディッシュとパセリのサラダ、フェンネルとキャベツと人参のトマト煮込み鱈

端末機事情により、以前に書いてアップしてなかった記事を先にあげます。

・黄ビーツとコーンと甘酢ラディッシュとパセリのサラダ

f:id:pyopyopyon:20150404115524j:plain

コーンとビーツの甘みと甘酢ラディッシュの酸味に青みとフルーティーさが加わり良い感じです。

茹でた黄ビーツとコーン、レモンの皮、パセリのみじん切りに、蜂蜜とレモン汁とシャンパンビネガーに半日漬けておいたラディッシュと乾燥クランベリーを合わせました。

 

 

 

 

フェンネルとキャベツと人参のトマト煮込み鱈

f:id:pyopyopyon:20150404115539j:plain

 野菜の甘みを吸い込んだ鱈が良い感じです。

人参と玉ねぎとフェンネルをココナツオイルで根気よく炒めたところにトマト缶(残りもの)、トマトペーストを絡ませて、生姜、キャベツ、キャラウェイシード、クローブコリアンダーを足して炒め煮にしておきます。

 

鱈が見えませんがほじったところ。

f:id:pyopyopyon:20150404115555j:plain

塩麹とレモン皮、ターメリックを叩き込んでおいた鱈をココナツオイルで蒸し焼きにする際に、上記の野菜の炒め煮を乗せて馴染ませました。

 

やっぱりトマト缶が少なかった。新たに缶を開ければより良かった感ですが、缶が巨大なので躊躇った。感じは分かったので今度はきちんとつくってみよう。

 

 

2品でさっくり終わった夕ご飯。でも満足度は高かったです。