アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎ 黄ビーツの山葵醤油、鱈の柚味噌焼き、蕪の葉の白和え、ズッキーニとポロ葱の煮浸し、蕪の味噌汁

久しぶりの和食。

 
・茹で黄ビーツの刺身風

f:id:pyopyopyon:20150515112505j:plain

 茹でて冷やした黄ビーツを山葵醤油で食べるのが、よく合うのです。
 
 
・ズッキーニとポロ葱のココナツオイル焼き煮浸し

f:id:pyopyopyon:20150515112524j:plain

輪切りにしたズッキーニとポロ葱をココナツオイルで両面焦げ目を付けて蒸し焼きにし、熱いうちに唐辛子フレークと昆布出汁醤油に浸して、食べる時に蕎麦の実を。
 
 
・蕪の葉の白和え

f:id:pyopyopyon:20150515112548j:plain

とても好評。
擦った白ごま、白味噌、昆布だし、水気を切った豆腐、針生姜少々でさっぱりとした白和えに。
作るのにやけに時間がかかりました。和食は下ごしらえが多いことを思い出しました。
 
 
・鱈の柚味噌焼き

f:id:pyopyopyon:20150515112605j:plain

味噌には漬け込まず、下処理をした鱈に味噌を塗って焼きましたがとても美味しかった。
みりんと酒に乾燥ゆず皮を浸して柔らかくしておき、赤味噌とゆずの浸し液を練って、乾燥ゆず皮をみじん切りにして混ぜ込み置いておきます。
 
鱈は塩少々と酒を振ってしばらくおき、さっと熱湯で流しました。
 
フライパンにコナツオイルを熱して鱈を焼きながら、味噌を焦がすには不向きと気づき、フライパンからアルミに移してオーブントースターで味噌を塗って上から焼きました。
 
付け合わせたのはココナツオイルで蒸し焼きにしたリークとラディッシュの甘酢漬け。
 
 
・蕪と鱈の味噌汁

f:id:pyopyopyon:20150515112712j:plain

白味噌仕立てで。
 
取り皿:蕎麦の実を炒っておき、いろいろ好きにかけて楽しみました。それだけでも美味しいです。

f:id:pyopyopyon:20150515112727j:plain