アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

茄子のディップ、黒目豆と緑パプリカのハーブトマト煮込み(予告)、炒めルッコラとレーズン載せポルタベッラマッシュルームのロースト、ファラッフル風パテ

 

茄子、トマト、パプリカと夏野菜オンパレードでしあがった食卓。



・茄子のディップ

f:id:pyopyopyon:20150615225427j:plain

ローストした茄子を潰してタヒニソース、レモン汁、ニンニク、クミン等で味付け。

今回の、個人的にはおきにいり。ピタパンに載せたりそのまま食べたり。別に作り方

載せます。

 

・黒目豆と緑パプリカのハーブトマト煮込み

f:id:pyopyopyon:20150615225451j:plain

以前、小豆で作って美味しかったのを、ささげ科のお仲間さんということで、家にあった黒目豆で。

タラゴン、セージを効かせて。爽やかで、柔らかいフレーバーとコクがあって、塩いらず。

これもあとで作り方を。

 

 

それに常備菜のキヌアタブーリ風で取り分けるとこんな感じ。

f:id:pyopyopyon:20150615225535j:plain

あ、ほんのりニンニクを香らせたヨーグルトときゅうりのディップも作りました。

 

・ポルタべッロマッシュルームのルッコラ炒め載せ焼き

f:id:pyopyopyon:20150615225511j:plain

とにても苦辛いルッコラをにんにく、玉ねぎと炒めて、ポルタべッロに載せてチーズとひよこ豆粉を振りかけてオーブントースターで焼きました。ルッコラの繊維とキノコの繊維がミスマッチ。ルッコラをみじん切りにしたら良かったかも。

 

ひよこ豆粉でファラッフル風パテ

f:id:pyopyopyon:20150615225800j:plain

初めて使うひよこ豆、まずは無難に、袋の後ろに載っていた、粉、水が基本のレシピを真似て様子を見ました。

リコさんはかなり生地を緩くして焼く、ということでしたが、確かに、粉の半量弱の水で作った生地

みっちりずっしり。今度は玉ねぎやら野菜を入れてみたい。

 

作り方は前記事に↓。

imoebinankin.hatenablog.com


ヨーグルトが無ければビーガンでした。満腹です。