アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎マンハッタンクラムチャウダー(保存レシピ)、✴︎白いんげん豆と焼きパプリカのサラダ(覚書き)

普段行かないエリアの大手スーパーで、冷凍のチョップドクラム(刻んだハマグリ)を見つけたので、試しがてらに久しぶりにクラムチャウダーを作ることにした。


f:id:pyopyopyon:20160212114153j:image
不揃いに刻まれた身は大きめでしっかりしており見た目から美味しそうだったが、不覚にも写真を撮っていない。
 
以前に載せたレシピをほぼ倍量にし、ベーコンが無かったことを含めて若干変更したが、美味しくできたので覚書きする。
(詳細と、三大クラムチャウダーについては過去記事)
今回:
 
・刻んだクラム:写真の1パック(汁と身は分けて使用)
 
・オリーブオイル:多め
・人参:大1本
・セロリ:5本
・玉ねぎ:1個
・ニンニク:大一個
・じゃがいも:1個(大きめ角切り)
・クラムジュース:240ml(1瓶)+上記クラムの汁
・トマトピュレ:約500ml
・乾燥タイム:小匙3/4くらい
・コーン:一掴み
 
1  鍋にオリーブオイルを熱して強めの中火で、細かく切ったセロリ、人参、玉ねぎをしんなりするまで炒め、ニンニクと芋を加えて混ぜ炒める。
 
2  クラムジュース、ハマグリの身を分けた汁、トマトピュレ、乾燥タイムを加えて火力を上げ、沸騰が始まれば弱火で30〜40分煮込む。
 
3  ジャガイモが程よい硬さになればハマグリの身を入れてひと煮込み。(味を見て今回コーンを足した)
タバスコ、塩胡椒などで味を調える。
 
青みとしてネギを使ったが、これがよく合った。

f:id:pyopyopyon:20160212230636j:plain

食べる時に濃いバルサミコ酢を少し垂らすと一段と旨味を増す。
この方法は、最近のお気に入り。
タバスコたっぷり目で食べた。かなり濃厚でとろみがあったのでクラッカーは無しで。
 
 
 
 
 
茹でた白いんげん豆と焼いたパプリカで作って、1日味を染ませたサラダも美味しかったので記す。

f:id:pyopyopyon:20160212231050j:plain

ローストしたパプリカ、白インゲンの水煮、キュウリ、トマト、レモン汁、
味付けは、
ホットパプリカ粉、乾燥ディル、乾燥オレガノ、乾燥タラゴン、塩胡椒。レモン汁とホットパプリカはたっぷりと。
焼いたパプリカのスモーキーな甘さ、白豆の甘さが、胡瓜とトマトの瑞々しさに引き立つ。
 
こちらも食べる時に濃いバルサミコ酢をかけて。

f:id:pyopyopyon:20160212231649j:plain

 
なんか夏っぽいメニューになった。