アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎笹掻き牛蒡の胡麻油ブラッククミン風味(覚書き)、冷奴に葱と阿波ぬら、焼きエビ、炊き合わせ、大根とマッシュルームと葱、油揚げの味噌汁

ここ数日で急に気温が上がった。ようやく冬物を片付けられるか。身軽になれるのは嬉しい。

初夏の陽気に久しぶりに海老が食べたくなった。キャベツと香味野菜のコールスローを作ってあり、海老を焼いてアボカドと和えるつもりであったが、和食に急展開した。
 
炊き合わせ
f:id:pyopyopyon:20160512110210j:image
デジャブ。
少し前に、ほとんど同じ物を作った。
南瓜、牛蒡、椎茸、人参、高野豆腐。
出汁は鰹節と昆布。酒、みりん、ブラウンシュガー、醤油、唐辛子。
かなり煮込んで少し置くことができたので、互いの風味が行き渡っている。
 
 
牛蒡に傷んだ箇所があり、思いつきで作った一品がかなり良かった。
笹掻き牛蒡の胡麻油ブラッククミン黒胡椒風味
f:id:pyopyopyon:20160512110152j:image
塩を振ってしばらく置き、水分が浸みだしたら胡麻油を多目にまぶして、ブラッククミンシードと黒胡椒をかけて、400度でじっくり熱を通した。
ブラッククミンシードは生だとえげつない苦味があるが、焼くと苦味が香ばしさに変わる。
牛蒡と、よくあう。
今回は塩が多かった、今度は減らす。
 
 
冷奴
f:id:pyopyopyon:20160512110304j:image
黒いのは徳島の岩海苔。「阿波ぬら」というのが骨太で美味しくて、帰ると必ず買う。使い切ったと思って数ヶ月、この日物入れからひょいと出てきた。それに上の笹掻き牛蒡と酢橘果汁(瓶詰め)と葱。非常に良い。
 
 
海老の玉ねぎ焼き
f:id:pyopyopyon:20160512110317j:image
下に薄切り玉ねぎを敷いて酒を振って焼いただけ。食べる時に酢橘果汁(瓶詰め)とチポトレペッパーをかける。海老の知汁を吸った玉ねぎと、合う。
 
 
それぞれを一皿の上で好きに組み合わせても美味しい。
f:id:pyopyopyon:20160512110403j:image
 
 
味噌汁
f:id:pyopyopyon:20160512110422j:image
昆布出汁多めで鰹出汁との合わせ。大根、葱たっぷり、マッシュルーム、油揚げ。
私の中では、大根は昆布出汁。
ここにも酢橘果汁(瓶詰め)を。
 
他にはアボカド納豆阿波ぬら葱合わせ。
 
メキシカン寄りになっていた口にとっては予想外の和だったけど、満足。