読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎ルピーニ豆微塵切りとラディッシュの葉入りトマトソースで焼き鮭煮込み、微塵切り野菜と胡桃とビーツのサラダ(覚書き)

前日焼いた鮭をバジルソースで焼き直してサッと終わらそうとバジルを買って帰る。
 
冷蔵庫を開けると使いかけのトマトピュレの瓶とルピーニ豆が目に入った。それらを使って煮込み野菜を作ろうと思いついて、セロリや人参を大量に微塵切り。
自分は何やってんだ状態で、行き当りばったり雑なことこの上ないのに、やたらと美味しくできた。
 

・ビーツのサラダ

煮込んでいる間に魔が差して作ったが、とても美味しくできた。写真は悪いが覚書き。
f:id:pyopyopyon:20160717015247j:image
 
セロリ、ラディッシュを微塵切り(合わせて1.5カップほど?)。
人参は細い千切り。
トマト大1個と焼いた赤ビーツは櫛形にしてさらに半分に。
レモンの皮を薄く削ってから汁を絞り、
胡桃を砕いて、ホットパプリカをかけて、野菜とレモン皮とレモン汁全てを混ぜ入れた。ミントの葉とバジルの葉を少々。
 
食感と甘さ苦さ酸っぱさのメリハリに、ミントとバジルが時折鼻に抜けて楽しい。
 
 
・鮭のトマトソース煮
結局、作った煮込み野菜は焼いた鮭と共にテラコッタの皿に入れて焼き煮となった。
 
f:id:pyopyopyon:20160717015319j:image
作り方は極めて雑。
細かく刻んだ大量のセロリ、人参、玉ねぎを鍋に放り込み、上からオリーブオイルを垂らして点火して炒め、薄切りマッシュルーム、トマト瓶詰めをどばっと注ぎ、ラディッシュの葉のざく切り、月桂樹の葉クローブ、微塵切りにしたルピーニ豆を入れてひたすらに煮込む。
そこに乾燥タイムと生バジルを混ぜ入れる。ルピーニ豆は塩の代わりなので塩は入れない。
 
このコンビネーションが良かった。
ラディッシュの葉の苦味と微塵切りルピーニ豆がトマトに合う。
塩気と酸味の強いこの豆は、微塵切りで全く別物のように抵抗がなくなった。
f:id:pyopyopyon:20160717015343j:image
テラコッタ皿のまま食べようとしたが食べにくいので大皿に出した。
添えたのはラディッシュ丸齧りとベビールッコラにタヒニソース。苦味がアクセント。生のバジルもあとからたくさん追加しながらひたすら食べた。