アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

帰宅後の一人和食:ボウゼ(えぼ鯛)塩焼き、野菜の炊き合わせ、なめ茸、大根と春菊の味噌汁

2週間ほど帰国して来た。

帰国便が航空会社の事情による欠航で、1日遅れての帰宅。

殺風景な空港に降り立って、だだっ広い景色を車窓から眺めながらの帰路。そして自分の部屋。心からほっとした。

 

今回の帰国では、自分の変化なのか何なのか、人と言葉をかわす時に、なにかたどたどしく、

その国の言葉を話してはいるが、見えている景色の印象を含め、なんだか異邦人のような気分だった。最後までチューニングできずに戻って来た気がする。

 

長旅から家に戻ると、なぜか、まず韓国料理を食べたくなる。

そしてその欲求が満たされると、自作の煮物が食べたくなる。

相方は和食はしばらく休みたいようで、

1時間で荒々しく作って、一人で食べた。

 

・なめ茸

f:id:pyopyopyon:20161022130127j:image

昆布は前日から冷蔵庫で戻してあった。みりん、醤油、唐辛子。おいしくできた。

 

・野菜炊き合わせ

f:id:pyopyopyon:20161022130224j:image

こんにゃく、ごぼう、人参、南瓜、椎茸、隠元豆、生姜。

昆布と鰹出汁、みりんと醤油。まだまだあるので寝かせて楽しむつもり。

 

 

・ボウゼ(えぼ鯛)塩焼き

f:id:pyopyopyon:20161022130441j:image

地元ではちょうど旬の魚で、これを開いて丸ごと酢漬けにしたものを大きな握り酢飯に載せた、「ボウゼ寿司」というのが、秋祭りの定番料理である。

今回は徳島で天ぷらにしたのを初めて食べた。身がふっくらしているのでとても美味。

家で焼いたのは初めて。腸も新鮮だったので、外さず焼いても良かったのかも。

 

・春菊と大根と葱の味噌汁

f:id:pyopyopyon:20161022130843j:image

具を入れすぎた。大根、春菊と来れば絹漉し豆腐が好み。無いので油揚げを、と思っていたら、動き回るうちにそれすら忘れた。だが、ゆっくりと昆布で煮た大根を思う存分味わった。

写真の奥は鰹タタキに葱をどっさり載せて。