読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

2017年の御節料理概要(覚書き)

こちらは日本から14時間遅れで新年を迎えました。

明けましておめでとうございます。

今年も作った料理を記録していきます。

個人の料理記録に過ぎませんが、見に来てくださる方々には本当にありがとうございます。

 

さて。

作る、いや作らない、と気持ちが揺れつつも、「元旦はお天気が良いから重箱に詰めてピクニックをしたい」、とやや本末転倒なアイデアが浮かび、年末にお節を作った。

(別エントリーで作り方や覚書きを載せていきます)

 

冷たい物を寒い場所で!!酒も飲めない! で嫌がる相方。それはごもっとも。

年明け早々ごめん&ありがとう。

 

 

興奮から5時40分に目が覚め、一人で初日の出を見に行き、戻ってから相方と共にお雑煮とお摘みを軽く。

f:id:pyopyopyon:20170102090252j:image

 

 

f:id:pyopyopyon:20170102090308j:image

里芋、大根、人参、椎茸、青梗菜、レモン皮(これ良い仕事してくれた)、出汁は干し椎茸、昆布、鰹節)

 

 

お重にお節を詰めるのは初めてで、予想外にかなりの苦戦。(下に覚書きを記します。)

 

f:id:pyopyopyon:20170102104200j:plain

 

昼過ぎに、近郊の車で登れる山頂のピクニックエリアに到着。誰もおらずに貸切状態。

幸いにして風は無く陽射しは温かだったが、ピクニックベンチと足下からじわじわと寒かった。

f:id:pyopyopyon:20170102090154j:image

詰めたもの:

・蒲鉾(市販品)

・伊達巻

・紅白なます

・黒豆

・煮しめ

・海老の照り煮

・栗きんとん

・たたき牛蒡

・さわら(spanish mackerel)の西京焼き

 

f:id:pyopyopyon:20170102104742j:plain

 

ピクニック皿に取る。

f:id:pyopyopyon:20170102091224j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170102091300j:image

 

✴︎覚書き:

1 重箱は深い。中身が浅いと貧相なので、思わぬ量を詰めることに。二人用弁当箱には大きい。

(お節はお腹が膨れるものが多い。伊達巻も海老も、一人2つづつは多かった。)

2 汁が出るものの工夫が必要。プラスチック容器は使いたくないので、お重に使える木で出来た仕分け容器を考えたい。→仕切り器が入ると1も改善される。

3 弁当はやはり味付けが濃いと美味しく感じる。