読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎人生3回目のちらし寿司:次回へ覚書き

ちらし寿司は2年前の桃の節句に始めて作って、今回で3回目。以下は今回の覚書き。相方によるとベスト版で全く同じように作って欲しい、と。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

 

レイヤー①:

酢飯に、甘い煮豆と、干し椎茸と昆布の出汁で煮た人参、筍、蒟蒻、干し椎茸、竹輪。

これに、酢蓮根、蕗の出汁煮、柚子の絞り汁が入るのが故郷の定番。

f:id:pyopyopyon:20170309075935j:image

今回、これら煮物の甘み付けにはデーツを使ってみたらかなり良い感じ。

 

 

レイヤー②

紅生姜の代わりにラディッシュの酢漬け:

1日を過ぎると皮の色が全体に行き渡るが歯ごたえは減る。たっぷり目が美味しい。

f:id:pyopyopyon:20170309080209j:plain

 

 

レイヤー③

でんぶ2種(鱈と舌平目)、絹さや

f:id:pyopyopyon:20170309080256j:image

 

 

レイヤー④:仕上げ

錦糸卵(ココナツシュガー、塩、卵4個)

f:id:pyopyopyon:20170309080413j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170310120023j:image

花びらの中心に行くほど立体感が出るように。

中身。取り分ける時に全てが混ざる。写真は凄惨だが実際は美しいので心配無し。

f:id:pyopyopyon:20170311222241j:plain

 

酢飯:

1.5号ほど。

 

金時豆:

気に入ったので別記事にするが、

カップ半分ほどの乾燥豆を水で戻して柔らかく煮てデーツ6つと醤油少々で味付け。

 

人参、筍、蒟蒻、干し椎茸、竹輪:

筍、蒟蒻、干し椎茸は細めの拍子切りにしてカップ1くらいづつ用意(人参はもっと多い)竹輪は2本を薄切り。

昆布と干し椎茸の戻し汁を合わせて素材を柔らかく煮る途中でデーツ9粒、最後に醤油(大匙1くらい?)を入れて一煮立ちさせて火を止め、1日半おいて味を染ませた。

 

でんぶ:

鱈200gくらい、舌平目(ドーバーソール)150gくらい。

昆布、塩だけの味付けで良い感じ。

舌平目は鱈よりパラパラになるまでに随分時間がかかる。(上記分量で20分くらい)が、炒ると肉質に弾力があり美味しい。(↓左が鱈、右が舌平目)

f:id:pyopyopyon:20170311222656j:plain

 

ラディッシュ酢漬け:(ラディッシュ1束分)

ラディッシュを薄く切って、半分浸かるくらいの蜂蜜、酢、塩に付けて、冷蔵庫で1日〜1日半。丸1日で均等な薄紅色に染まるが、食感も変わるので好みの時間で。(今回は2日前の夜寝る前に用意。酢はリンゴ酢とレモン汁)

1日2回上下をひっくり返して液を行き渡らせた。
好みもあるが、私は前日の朝に漬けるのがベストかもしれない。

 

次回へ:

一度に重箱に入れるのには具材が多過ぎた。でも余った野菜もその他具材も、翌日足して食べると良い感じだった(それでも二人だとお腹いっぱい)

・一度に重箱に全て詰めず、最初から2回分に分ける。或いは全体に量を減らす。

・絹さやは多めに。

ラディッシュはもう少し歯ごたえを残すために、前日の朝に漬ける。

・卵は大〜特大サイズ4個で3枚焼くと程よい厚み。ココナツシュガーと塩の味付けは寿司に合う。

 

酢飯、でんぶの作り方の詳細は以前の覚書きに:(以前は甘みを付けたが、今回甘み無しが好きだと分かった)

 

imoebinankin.hatenablog.com

imoebinankin.hatenablog.com