読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎モンクフィッシュ(あんこう)とフェンネルとパプリカをギーでロースト(覚書き)、マンダリンオレンジとフェンネルと橙パプリカと胡桃のサラダ、

 

何か油を買ってみたく、リコさんid:ricotea の勧めに従ってギーを買った。

ギーはバターをゆっくりと加熱して純粋な油分を取り出したものとのことで、

そうすると、雑味が無くなってつまらないんじゃないかと思っていたのが大きな間違い。

固体のギーを少し削って舐める。甘さと芳醇な乳の香りにびっくりした。すぐに思い出したのがバター飴。そしてザラつく舌触りなのも意外。

 

この日、モンクフィッシュ(アンコウ)とフェンネルをオリーブオイルで焼くつもりだったがギーが合いそうな予感。

で、その通りだった。

 

・アンコウとフェンネルとパプリカのロースト

f:id:pyopyopyon:20170321105658j:image

アルミホイルにギーを塗る。薄切りにしたフェンネルを散らし載せ、その上に、上から適当に切り込みを入れたアンコウを載せる。(私の包丁では取れないが薄皮を取ると楽。)

薄切りのニンニクでアンコウ表面を擦って香りを移し、切り込みのところどころに突き刺す。

上からライム汁と塩をパラリと振り、ライムと小さく切ったパプリカ、そしてギーを削って散らし載せて、425Fのオーブンで焼いた。

焼いている途中で、まずフェンネルを載せたギーが華やかに香ってくる。そしてにんにくとライムがうっすら見え隠れし始めてパプリカの爽やかな甘さが加勢。

焼いている間中キッチンに充満する香りを楽しんだが、アンコウに合いました。その期待を裏切らない味わいだった。

 

付け合わせたサラダもフェンネルとパプリカ。こちらは爽やかさ全開で。

f:id:pyopyopyon:20170321111228j:image

フェンネルは白い茎、緑の茎とも薄く切って、葉はザクザク適当に、パプリカは角切りに。

塩をパラリ、ライム汁、生姜のみじん切りをほんの少々、そして胡桃。やっぱり柑橘が欲しくて、マンダリンオレンジの皮を剥いて混ぜ込んだ。

 

このままで止まらないが焼いたフェンネルとアンコウと一緒に口に含むとまた格別。

 

あと2日経ったクラムチャウダー。濃厚。

f:id:pyopyopyon:20170321111829j:image

 

満足。

ギー、気に入りました。

すごいものらしいが、まずは身の丈で楽しめたらよいな。

 

 

 

マンハッタンクラムチャウダーの作り方↓

imoebinankin.hatenablog.com