アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

切干し大根とラディッシュの葉とひよこ豆と椎茸の炒め煮、鯖大根、きゅうりと若布の酢の物、隠元の胡麻和え

前記事の翌日の話だが投稿が遅れた。

久しぶりの鯖はトルコ風味焼き魚として食したその日のうちに、余りを大根とサツマイモと共にじっくりと煮付けてあった。

f:id:pyopyopyon:20170626225150j:image

 今回は水気を飛ばすためにとにかく煮込んだ。大根と芋の区別がつかないくらい。

とにかく濃い、そして味がすっかり円いので、濃くても気にならない。

 

鯖大根の作り方はほぼこちらと同じ。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

 

 

・切干し大根の炒め煮

f:id:pyopyopyon:20170622122522j:image

切干し大根、ひよこ豆、青菜の組み合わせも私の中では定番的存在。

青菜は今回ラディッシュの葉。

切干し大根は熱湯をくぐらせ、水で洗ってぬるま湯で戻しておく。あと人参、椎茸、千切り生姜、ひよこ豆をごま油で次々と炒め合わせる。

いつも切干し大根の戻し汁を取っておき、これを鰹節や干し椎茸と合わせて出汁とする。

上記の出汁を注ぎ、味醂、デーツ煮汁、醤油、唐辛子フレークを入れて煮立てたら、一旦火を止めて味を染ませる。再び加熱。ざくざく切ったラディッシュの葉を混ぜ合わせて一煮立ちして出来上がり。大変好評。

 

 

 

・酢の物

f:id:pyopyopyon:20170622122821j:image

鳴門わかめが残り少ない。カサ増しに胡瓜をたくさん入れて酢の物に。

胡瓜は薄く塩でもんで絞り、戻した若布、生姜、戻した干しエビ、

干しエビの戻し汁、リンゴ酢、デーツ煮汁、風味に醤油を数滴垂らして混ぜ合わせる。

好評です。

 

 

 

隠元の胡麻和え

f:id:pyopyopyon:20170622123054j:image

炒りごま大匙3ほどをよく擦って、醤油とデーツ煮汁をそれぞれ大匙半分〜1くらいを合わせて和え衣とし、生人参と茹でた隠元を和えた。良い味加減で好評。

 

 

 

味噌汁

f:id:pyopyopyon:20170626225422j:image

具は玉ねぎ、油揚げのみ。出汁は鰹と干し椎茸。赤味噌、仕上げは青海苔とネギをたっぷり。

煮込んだ甘さをベースに、海と陸の青臭さを満喫。

 

久しぶりにしっかり和食作った。

時間を要するが、美味しくできたら「また作ろう」と意欲が湧くのが良い。