アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

焼いたコバンアジに黒豆のチリ煮込み添え、黄金ビーツのピクルスのサラダ、古代小麦のサラダ添え

・Pompano(小判アジ)の塩焼き

f:id:pyopyopyon:20170706052326j:image

丸くて、銀色でつるんとしていて、平べったくて大きな魚。珍しいので買った。「コバンアジ」と和名もあるが、ピンとこない。

簡単に白ワインと塩に少しのオリーブオイルで焼いて食べると、なんだろう、覚えのある味。その香りがどうやらマナガツオやブリに近い気がする。煮付けると美味しそうだ。

 

 

・黒豆と緑パプリカと玉ねぎの辛い炒め煮

f:id:pyopyopyon:20170706053303j:image

一年半ほど前に作った、唐辛子をベースとしたソフリタスペーストを使用。

 これについては以下に詳しく。

imoebinankin.hatenablog.com

 

腐ってないか?と思ったが、むしろ味が丸くなって良い感じだ。


オリーブオイルで玉ねぎ、緑パプリカ、にんにくを炒めて蓋をし、柔らかくなりかけたら、茹でてあった黒豆とその汁少々、ソフリタスペーストを加え、野菜がすっかり柔らかくなるまで煮込む。

ほんのり苦い、辛い甘み。緑パプリカを炒めた香りも好きだ。

これは魚の付け合わせに。思った通りに良くあった。

 

 

 

・黄金ビーツのピクルスとひよこ豆とディルのサラダ

f:id:pyopyopyon:20170706052430j:image

手前:

黄金ビーツのピクルスは、生ビーツを薄切りにして塩をまぶし、別途に黄金ビーツを茹でた汁、赤ワインビネガー、乾燥ディル、クランベリーを合わせて浸けてあったもの。

4日ほどたち、酸味が馴染んで良い感じ。これをクランベリーと汁も一緒に取り出す。

そしてサラダにする。

生ディル、胡瓜、茹でておいたひよこ豆、赤ワインビネガー、パプリカ粉で和えてみた。

ほくほくのひよこ豆がこういうサラダには本当に良く合う。

 

奥:前々日の残りの古代小麦とビーツのサラダ。

詳しくはこちら:

 

imoebinankin.hatenablog.com