アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎とうもろこしとパプリカとフルーツトマトと香菜とミントとネギのサラダに塩辛い燻製鱒とゆで卵の昼食。

とうもろこしの季節である。

 

殻ごと髭をふさふさ付けたのが、スーパーの入り口近くにどーんと積み上げられていれば大抵セールである。

買うときには少し殻を剥いて、中が腐っていないか、虫がいないか確認しながら袋に入れてゆく。かさばるので、殻をその場で剥いて中身だけにしてもよい。

 

こちらで良く見かけるのは、白、黄色、そしてこの2つの混じったバイカラー。

白は柔らかであっさりしているが、黄色も日本のとうもろこしより皮が柔らかくて粒も小さめ。

 

一番簡単には、殻を剥いて茹でる。

 

私は大鍋で一度に茹でて、茹でたてを楽しんだら、残りは冷やしてサラダにしたり他の料理に使うことが多い。かつては食事前に前菜と称して小さめのものなら2〜3本を平気で食べていた。

もはや無理だ。

 

 

そんな茹でとうもろこしの残りを使った、ある日の昼食のサラダが気に入ったので載せておこうと。

前置きが長くなったが料理自体は簡単で、書くこともほとんどない。

 

・夏野菜のサラダレッドビネガー風味、黒胡椒風味の燻製鱒、ゆで卵のプレート

f:id:pyopyopyon:20170710223704j:image

香菜、ミントをざくざくと切る。

玉ねぎは薄切り、ネギ少々を輪切り、

ここまでで一度合わせて、塩を軽く混ぜておく。

胡瓜は薄切り、ミニ赤パプリカは厚めの輪切り、フルーツトマトは半分に切る。

茹でたとうもろこし1本分をナイフで削ぎ落として適当に千切る。

 

そうしたら、全ての材料を、赤ワインビネガー、パプリカ粉少々で混ぜ合わせただけ。

塩辛いものに合わせるので、塩は追加せず、ビネガーを効かせ気味に。

 

ゆで卵と、黒胡椒をたっぷりまぶしたトラウト(鱒)の燻製(市販品)の付け合わせで、とても良くあった。

 ライ麦のブーレと共に。