アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✳︎きのこと干瓢と油揚げの卵とじ、ふ海苔と豆腐の味噌汁、とり貝と茗荷と若布のぬた

最近、近所のグロッサリーストアにオイスターマッシュルーム(平茸)が並ぶようになった。

価格も手頃できのこ好きにとっては嬉しい限り。新鮮な日にはとりあえず買っておく。

 

巻き寿司用に大事に取っておいて期限を過ぎた干瓢があった。袋で提案されていた卵とじに。

f:id:pyopyopyon:20171101102246j:image

干瓢は塩で揉んで洗い、たっぷりの水で柔らかくなるまで煮て戻す。

水気を切って食べやすい長さに切る。

昆布、鰹、干し椎茸のパック入り合わせ出汁を煮立てる。

 

今回使ったのはこの出汁。濃いめの合わせ出汁が欲しい時に重宝で、帰国する度に買って帰る。

 

f:id:pyopyopyon:20171101103307j:image

普通にスーパーで買えることと、古風な鶴のデザインも気に入っている。

 

味付けはみりんと醤油。素材自体が旨味なので最低限に。

刻んだ椎茸、干瓢を煮る。油揚げ、平茸を煮る。

ハリッサと食べることを念頭に味付けは軽め。

一度火を止め休ませて、食べる直前に再び火(電熱だが)を入れ卵を溶き入れて全体を返しすぐ蓋をして熱から離す。

 

おおお。美味しい。相方にも好評で二人とも箸が止まらない。

 

 

・とり貝と茗荷と若布と胡瓜のぬた

f:id:pyopyopyon:20171101104616j:image

せっかくの美味しい茗荷、一度魚介と合わせたかった。

蛇腹胡瓜に軽く塩をして絞り、鳴門わかめを戻して食べ良い大きさに切り、茗荷は薄切りに。

全部盛って芥子酢味噌を。

 

 

 

・布海苔と豆腐の味噌汁

f:id:pyopyopyon:20171101104334j:image

徳島で買って帰った「漁師の手摘み」布海苔。

初めて汁に入れた時には驚いた。

弾力が強く味が濃く磯の香りも強い。慌てて豆腐を入れた。

手作り味噌も風味が強いので、ほんの少しだけ。

海の風味と土の風味の力の拮抗。

 

さて、必要な糊を得る方法を調べているのだけど、Funoriはこの布海苔から作るものと知って驚いた。

 

この時はきっと他に何か食べたはずだが、失念。

 

 

 

乾物と卵とじの組み合わせが気に入って、その翌々日、切り干し大根で同じような卵とじを作った。

f:id:pyopyopyon:20171101225745j:image

 

 人参、切り干し大根、平茸、青菜はケールだったかな。胡麻油で野菜を炒めて。

煮汁は切り干し大根の戻し汁、味醂、醤油。食べる時にハリッサを考慮の味付け。

 

切り干し大根の戻し汁はそのまま飲むのも好き。

なので煮浸し風にたっぷりと。

こちらもいけます。