アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

・生姜風味焼き鮭に青紫蘇とスマック入り大根おろし、里芋と蒟蒻と大根の煮物、ケールと玉ねぎと人参と生姜をじっくり煮込んだ油揚げの味噌汁

久しぶりの知人達と会食したら、いきなり2ヶ月ほど患っていた顎の痛みがかなり取れ、胃腸の調子も上り坂に。

不思議である。

 

食欲が戻ってきた。が、慎重にいく。相方もしばらく不在だし食材を無駄にしたくない。

まずは煮物を仕込む。炊くのは大根、蒟蒻、里芋(コスタリカ産でねっとりしていない)だが、出汁にする乾物が底を突いた。素材に頑張ってもらう。

 

干し椎茸を1個だけ、出汁用に使う。あとはひたすら大根をゆっくりと炊いてから下ゆでした蒟蒻と里芋。素材が柔らかくなったら酒、デーツシロップ、醤油でいつもより濃いめに味付けし、唐辛子フレークもパラパラと。問題なく美味しいのができた。

 

 

f:id:pyopyopyon:20171201103926j:plain

紅鮭の皿:

鮭は酒と塩麹、生姜のみじん切りを塗して少し置いて焼いた。いつもの半サイズ(150g)。

 

(付け合わせ)

大根おろしにはたっぷりの紫蘇の細切りとスマックを和えて、鮭に乗せながら食べる。美味いです。紫蘇大根スマック、鮭に大変良く合う。

醤油を落として鮭の横で温めた栗の甘さがほどよい箸休めに。

妥当な大きさの一切れがちょこんと皿に乗ると、いかにも魚の切り身を食べている感じで気に入った。

これからは、これくらいにしよう。

 

 

・ケール、玉ねぎ、油揚げ、人参、生姜の味噌汁。

 

f:id:pyopyopyon:20171201105722j:plain

こちらも素材をコトコト煮込んで出汁になってもらう。

そこに自作の味噌。市販の味噌より力強い味わいで、煮込まれた野菜の甘い汁をビシッと引き締め引き立てる。

あまりのおいしさにお代わりをした。

 

 

ああ。食べられることの幸せよ。

 

 

f:id:pyopyopyon:20171201110427j:plain

日本への土産に持って行ってもらった。