アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

市販の肉煮込み用キットを使ってチリビーンズ、ワカモレ、紫キャベツのスロー、リフライドビーンズリフライドビーンズ

 

 作りたがり屋なので、何かの料理のための合わせ調味料やキットを買うことはほとんどない。

しばらく前にジャケ買いならぬパッケージ買いをしたまま使いそびれていた「テキサスチリ」の味付けセット。テキサスチリと言えば肉とチリペッパー、入るとすればトマトと玉ねぎとのイメージだが、これでチリビーンズを作ってみた。

f:id:pyopyopyon:20180224115654j:plain

(使った後で中身は空)

 

そのあと、嬉しいことに、リコさんがニューメキシコへの思い繋がりでチリビーンズを作ってくれたことを知る。もちろん全くの偶然だ。

別の場所でそれぞれのやり方でチリビーンズを作る。

なんだか一緒に何かを演奏した時のような楽しい気分に浸らせてもらった。

リコさんの暮らしの中のチリビーンズ↓

ricohoney.hatenablog.com

 

 

 

さて、「テキサスチリ」キットは、フレーク状のチリペッパー、粉末のチリ(恐らくチポトレチリ)を主体とした合わせ調味料、玉蜀黍粉の3袋に分かれているが、ディレクションが見当たらない。材料の量を知りたいのでネットで調べる。肉2パウンド(900g)を焼き炒めて、このキットにトマトピューレと水を加えて煮るだけだ。

 

 私は半量を豆に置き換えた。

玉ねぎ1個と挽肉450gを焼き炒め、細かく切った人参と赤パプリカも。そこに、トマトピューレ300mlくらい、戻して茹でた小さい赤インゲン豆、黒豆をそれぞれ1カップくらい、茹で汁も少々。水適宜入れて煮込む。

豆が入るので、玉蜀黍粉は半分使ってみた。

食べたのはその翌日から。

 

f:id:pyopyopyon:20180224120403j:plain

 やっぱりチリで煮込んだ豆は美味い。

パプリカも正解。

 保存肉を思わせるような、かなりスモーキーなフレーバー。肉だけで美味しいだろう。

 

さらに2日おいても、辛さとスモーキーさはほとんど変わらず。

 

紫キャベツのスロー、

f:id:pyopyopyon:20180224120632j:plain

初回は紫キャベツ、玉ねぎのスライスを塩とライム汁とで和えて香菜を混ぜて。

写真は2回目、味付けは塩、リンゴ酢、ディジョンマスタード

ワカモレと和えて食べるのが大変宜しい。

 

 

リフライドビーンズ、ワカモレ、市販のサルサにチップ

f:id:pyopyopyon:20180224121020j:plain

リフライドビーンズは玉ねぎとニンニクを炒めて、戻して茹でてあった豆を汁と一緒に入れて炒め潰して、クミンと塩で味付け。

 

 

 

チリビーンズはそのまま、

またはチーズを載せて、

またはキャベツスローをちょっと載せて、

または大根に載せたものをコーンチップとともに口に含むのも大変良かった。

f:id:pyopyopyon:20180224121659j:plain

どうだ、チリに大根だ。

これが美味しいんだ。