アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

一人飯いくつか。(熟し渋柿と大根のレモン汁和え、芽キャベツと鮭の手前味噌焼きその他)

対外的な用も少なく、訓練合宿仕様な一人暮らしを半月ほど過ごした。

 

 

食事は簡単な煮物と汁物を3日分ほど作っておいて、その日の体調によって簡単な何かを補う。

それはインスタント食品のこともある。そして食べるものは毎日変わりばえがしない。

だが食べられ、活動できる有り難さをしみじみと味わった。

 

紅鮭芽キャベツの味噌焼き

焼いたり、切って炒めたり、味噌汁やスープにしたりで繰り返し食べた芽キャベツと、セールだったために繰り返し食べた紅鮭

僅かづつ残った両者に手前味噌を合わせて。

f:id:pyopyopyon:20171213080702j:plain

芽キャベツを細めの輪切り、生姜を細切り、ネギを輪切りに。

それらをアルミホイルの上でオリーブオイル、味噌少々と混ぜ、オーブントースターで焼き始める。

その間に、鮭に酒をドバッと振り、味噌を塗りつけ細切り生姜をまぶしておいて、

芽キャベツにほぼ熱が通ったあたりで、鮭を載せて焼き上げる。

キャベツ、味噌、生姜、鮭で美味しいのは当たり前だが、芽キャベツは準備が早くて旨味が濃くて良い。

 

 

 

・熟し渋柿と大根の和え物、煮物、ひじき煮、インスタントのユッケジャン

f:id:pyopyopyon:20171213081516j:plain

10月に近所の店にてアメリカ産渋柿が売られていた。カリフォルニアで栽培されているらしい。干し柿にしようと買ったものの機会を逃してそのままカウンターに放置、1ヶ月半経っても熟しきらないので、最後には林檎と一緒に袋に密封して強引に熟させた。

左上が、大根を千切りにして塩とレモン汁を振り、柿と和えただけのサラダ。

膾にしようとしたけど無精したのが良かった。柿が甘い!!塩とレモン汁で大正解。

 

大根と里芋(エクアドル産)、蒟蒻、椎茸の煮物

f:id:pyopyopyon:20171213082309j:plain鰹節、昆布、干し椎茸の合わせ出汁パックの残り1つを発見。袋を破って煮物に絡ませて堪能した。

前回の同じ煮物は出汁無しで美味しかったけれど、私は嗜好として出汁の味が好きなんだ、と改めて思った。

 

焼き魚と味噌汁を添えたかったが買い物に行けず、ネギと大根をキューブをお湯で煮るだけのユッケジャンのレトルトで煮て卵を足した。久しぶりのレトルト食品のなんと美味しいこと。自分では絶対にこんなに濃い味にすることはできない。

 

 

・残り物ツナさつま芋きんとん

 

あと、瓶の中に少し残ったまま、どうしても食べる気になれなずに気になっていた栗を、蒸し芋とツナ缶の残りで金団にしたのも美味しかった。

f:id:pyopyopyon:20171213083621j:plain

ツナ缶は解してから黒胡椒、塩、マジョラム、タイムと練り合わせてサンドイッチに使ったものの残り。

ふかし芋を潰してこれに合わせ、塩とカイエンペッパー、レモン汁を足して練り合わせて、栗を包んでオーブントースターで焼いただけ。

仕上げ手前でココナツフレークを思い出し、振りかけて焦がし気味まで焼き上げる。

甘くて爽やかで単調な食事にアペタイザーという潤いが備わり大変宜しい。

オレンジと食べたかったが無かったので赤グレープフルーツ。

 

 

 

・生姜風味焼き鮭に青紫蘇とスマック入り大根おろし、里芋と蒟蒻と大根の煮物、ケールと玉ねぎと人参と生姜をじっくり煮込んだ油揚げの味噌汁

久しぶりの知人達と会食したら、いきなり2ヶ月ほど患っていた顎の痛みがかなり取れ、胃腸の調子も上り坂に。

不思議である。

 

食欲が戻ってきた。が、慎重にいく。相方もしばらく不在だし食材を無駄にしたくない。

まずは煮物を仕込む。炊くのは大根、蒟蒻、里芋(コスタリカ産でねっとりしていない)だが、出汁にする乾物が底を突いた。素材に頑張ってもらう。

 

干し椎茸を1個だけ、出汁用に使う。あとはひたすら大根をゆっくりと炊いてから下ゆでした蒟蒻と里芋。素材が柔らかくなったら酒、デーツシロップ、醤油でいつもより濃いめに味付けし、唐辛子フレークもパラパラと。問題なく美味しいのができた。

 

 

f:id:pyopyopyon:20171201103926j:plain

紅鮭の皿:

鮭は酒と塩麹、生姜のみじん切りを塗して少し置いて焼いた。いつもの半サイズ(150g)。

 

(付け合わせ)

大根おろしにはたっぷりの紫蘇の細切りとスマックを和えて、鮭に乗せながら食べる。美味いです。紫蘇大根スマック、鮭に大変良く合う。

醤油を落として鮭の横で温めた栗の甘さがほどよい箸休めに。

妥当な大きさの一切れがちょこんと皿に乗ると、いかにも魚の切り身を食べている感じで気に入った。

これからは、これくらいにしよう。

 

 

・ケール、玉ねぎ、油揚げ、人参、生姜の味噌汁。

 

f:id:pyopyopyon:20171201105722j:plain

こちらも素材をコトコト煮込んで出汁になってもらう。

そこに自作の味噌。市販の味噌より力強い味わいで、煮込まれた野菜の甘い汁をビシッと引き締め引き立てる。

あまりのおいしさにお代わりをした。

 

 

ああ。食べられることの幸せよ。

 

 

f:id:pyopyopyon:20171201110427j:plain

日本への土産に持って行ってもらった。

 

 

 

✴︎芽キャベツロースト2種(2種のペッパーとレモン汁と柘榴エキス、栗とキャラウェイシードと大蒜玉葱)、✴︎焼き紅鮭(塩麹、生姜、ハリッサ)覚書き・

 最近、とある農場の芽キャベツを気に入って頻繁に食べている。

テラコッタの皿の中でオリーブオイルを纏わせてにんにく塩をパラリとかけて丸ごと焼いて、一口食べて驚いた。

香りも味もとても濃くて厚くてウッディで、草ではなく森の木で熟れたかのようなのである。

これが気に入りあまりに続けて食べたので、最近は少し違うフレーバーで食べたくなった。

 

・オリーブオイル、カイエンペッパー、黒胡椒、レモン汁(柘榴エキス)

f:id:pyopyopyon:20171124115802j:image

焦げた葉が美味しいので、くるくると返しながらじっくりと焼く。

レモン汁と柘榴エキスは焼きあがる手前で纏わせて水分を飛ばすように。

もっとさっぱりさせたい時にはレモン汁のみで。

 

 

この時の付け合わせそれぞれが美味しくできて、一緒に食べると私的にとても良かったので撮った。(食べかけで恐縮です)

f:id:pyopyopyon:20171124120201j:image

 

・ソックアイサーモン(紅鮭)。塩麹、ハリッサ、生姜のみじん切りを全面にまぶし、白ワインをサッとふって。

オイスターマッシュルーム(平茸、右端);鮭を焼く際に、横にたっぷり入れておいたもの。鮭の皮はこんがりさせたいので、平茸の上だけアルミを被せて、お互いから滲み出た液と調味液を吸わせ合うように。これ大正解。

食べる時にレモンを絞って。

 

・奥はキヌア:水で炊いてみじん切り生姜と叩いた梅干しを混ぜ合わせたもの。好きでよく作る。

・別に、ベビールッコラにレモン汁と柘榴エキスをたらりとかけたものをたっぷり。

これらを順番に口に入れて取り合わせを楽しんだ。素朴な単品が調和して味を奏で続ける食事が一番嬉しい。

 

 

 

 

 その翌日、相方にも食べさせようと、一度紅鮭&平茸を同じように焼いた。

f:id:pyopyopyon:20171124122104j:image

 

芽キャベツは少し趣向を変えて栗とロースト。これも気に入っている一つ。

材料は

芽キャベツ

・玉ねぎ

・にんにく

・オリーブオイル

・キャラウェイシード、黒胡椒、塩

・栗

 

芽キャベツ、薄切り玉ねぎ、薄切りにんにくを耐熱トレイに入れ、オリーブオイルを注いで絡ませる。

キャラウェイシード、黒胡椒を同量ほどに塩少々をかけて混ぜ合わせ、400Fのオーブンへ。

時々かき混ぜながらほぼ火が通ったところで栗を混ぜ入れて再びオーブンへ。

キャラメル色になった玉ねぎ、にんにく、キャラウェイシードと甘く香ばしいキャベツと栗。

平茸の汁が混じっても美味しい。

 

あと、 立派な海老がセールだったのでシュリンプカクテルにした。

f:id:pyopyopyon:20171124122900j:image

あとは海老の殻を剥いた時、ふとトマトがあったのを思い出し、殻を茶袋に入れて出しを取り、ポロ葱とトマトとトウモロコシのスープとした。