読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

ひよこ豆粉とスパイスで焼きカリフラワー、大根とカリフラワーの茎と紫玉ねぎとマッシュルームと香菜のサラダ、ツナ缶の黒豆和え

パコラ(ひよこ豆粉とスパイスの衣での野菜の揚げ物)イメージの焼きカリフラワー。

ネットで見つけたレシピだが、最初のプロセスが気になったのでやってみた。

 

すなわち、カリフラワー丸ごとを、塩とターメリックに熱湯を注いだ中に突っ込んで20〜15分放置。

f:id:pyopyopyon:20170225101511j:image

洗浄、下味かつ、加熱。

なるほど。この方法、他にも火の通りの悪いものを焼く時に使えそう。

 

それを適当な房に分けて、

ひよこ豆粉1カップ、赤唐辛子粉、ターメリックガラムマサラコリアンダー粉、アジョワンシード(無いので省略)、ギー(バター使用した)、冷水、ライム汁で作った衣を塗して、200度のオーブンで20分ほど焼く、と。

f:id:pyopyopyon:20170225101930j:image

出来栄えとしてはもう一歩、いやもう5歩くらい。分量をきちんと守らなかったこと、房が大きすぎたのが原因だ。あと、うちのオーブンはもっと高めの温度が良さそう。

だが翌日になると味が落ち着いて、冷たいままでも温めなおしても美味しくなっていた。

衣が余ったのでマッシュルームも作ったら、これが好みだった。

 

 

熱湯に浸からなかったカリフラワーの茎は、久しぶりに生でサラダにした。

一緒に食べたもの。

 

f:id:pyopyopyon:20170225102726j:image

プレートの上に載っているのは、

 

・カリフラワーの茎(薄切り)、大根(千切り)、紫玉ねぎ(薄切り)、ネギ、マッシュルーム(薄切り)、塩と混ぜ、ターメリック粉とレモン汁、香菜。

・アボカド

・アサフェティダで煮た黒豆とネギ、ライム汁で和えたツナサラダ

ひよこ豆粉とオーツ麦のマスタードシード入りパン(これはここのところのお気に入り)

 

 あと、大根、南瓜、人参、リーク、生姜、隠し味にシナモンのスープ。

f:id:pyopyopyon:20170225103100j:image

これは自分の定番的な組み合わせで、たくさん作っておき、小鍋に取ってその時々の気分で味付けを変える。

 

 このパンについては後ほど記事にする予定。

 

 

 

 

 

 

✴︎鱈と洋梨を、バターとひよこ豆粉と全粒粉の生地で蓋して焼いてみる(試作)

#穀類(粒/粉) #肉、魚介

どう名付けて良いか分からなくてタイトルが長くなった。

鱈を買った日、これをパイ生地で包んで焼いてみたいと思った。

パイは率先しては食べないのにどうしたことか。市販品の生地にさえ触れたこともないのだが、とにかく取り掛かる。

 

あまりにグロテスクで載せるの止めようかと思ったが、今後に発展させられそうな感じもあったので、恥を捨てて記録する。

(これを失敗と呼ばない自分のことをしたたかだと思う。)

 

 

 初めてなのに材料をいろいろ変えてしまった。

 

小麦粉が無く、全粒粉使用。

・豆っぽい甘さが欲しかったので、そのうち半分強をひよこ豆粉に置き換えた

・パイ生地と言っときながら、まだたっぷり残っているバターミルクが気になって唐突に心変わり。ベーキングソーダとバターミルクを入れた。(そして名付けようが無くなった)

 

最終的な材料:

ひよこ豆粉と全粒粉(ひよこ豆多め、合わせて半カップ弱)

・塩(気持ちは小匙1/8)

・ベーキングソーダ(小匙1/2弱

・無塩バター(大匙1

バターミルク(大匙2

 

具材:

f:id:pyopyopyon:20170222065759j:plain

・鱈200〜250gの厚い切れ

・洋梨1個(リークが欲しかったが、代わりに手元にあった古くなった洋梨を使った。)

・チャットマサラ

・ライム汁

・ライム皮

芽キャベツ(大1個)

 

手順:

 

生地を作る:粉類を合わせてバターを切って混ぜ込み、バターミルクで生地をまとめて30分ほど寝かせる。

具を作る:洋梨を適当に切ってライム汁をまぶす。鱈にチャットマサラをまぶす。芽キャベツを6等分する。

さて、生地を伸ばそうとすると麺棒にひっついて伸びない。

スプーンで押し伸ばしてもスプーンにひっつく。

結局包むのは断念して、蓋のように覆うことに。

 

休ませた生地を千切れ千切れながらなんとか伸ばして、それをパズルのように組み合わせれば覆えるサイズの容器(結局テラコッタ皿)に具を詰め込んで、なんとかかんとか蓋をする。

200c強のオーブントースターで5分ほど焼いてから160cで鱈に火が通るまで(50分ほど?)焼いた。

 

 

出てきたもの。

遺跡発掘現場のようだ。

f:id:pyopyopyon:20170222065950j:plain

 

 生地はとても美味しい。粉の甘みが生きた素朴な味バタークッキーのようだ。伸ばす必要のない、別のことに使ってみたい。

 

 

中身。半分消費したところ。

f:id:pyopyopyon:20170222070120j:plain

 

今度は生地を改良して、リークでやってみよう。パイ生地に軌道修正しないのかと自分で突っ込みたくなるが、この食感、なんか妙に気に入った。

 

 

 

 

✴︎ロースト芽キャベツと黒豆のチリ風味和え物

#果菜 #豆類

単純すぎる1品だけど好物なので載せる。

・ロースト芽キャベツと黒豆のチリペッパー和え

 

f:id:pyopyopyon:20170218102847j:image

黒豆を煮てある時に作る。

寝る前に鍋でたっぷりの水に浸しておき、起きた時そのまま煮たり、少量のフェヌグリーク、またはグリーンチリを加えることも多い。

 

この時はフェヌグリークを少し加えて煮たもの。オリーブオイルだけでローストした芽キャベツに、黒豆を煮汁も一緒に和えて、チリペッパーフレークをかけた。見た目地味だが口の中では結構派手。

 

 

 炊き込みご飯と食べた。

あと、ほうれん草の玉子巻きと鱈の粉物生地被せ焼き少々。

メニューがメチャクチャだった。