アメリカ生活 野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、やや変化球的ご飯。と暮らしの片鱗。

✴︎銀鮭とキャベツと林檎と栗と平茸の蒸し煮(覚書き)、ヴィーガンなスプリットピースープ

鮭とキャベツと林檎と栗。どれがどう合わさっても好きな組み合わせ。

海、畑、果樹園。そして森。平茸も足して、それらを一緒に、しごく簡単な蒸し煮に。

 

キャベツを刻んで鍋の中、ターメリック、カイエンペッパー、フェンネルシードを混ぜ入れ、平にならす。

その上に平茸を千切って載せてレモンを少し絞る。

鮭を平茸の上に置いて、白ワインをドボリと掛けて、ディルとホッとパプリカ、塩をパラパラ振る。レモンの薄切りを載せる。

最後、林檎1個を銀杏切りにしてその上を覆い、針生姜と栗をまぜ入れ蓋をする。

 

なるべく弱い熱でじっくり蒸し煮に。

キャベツの甘い匂いから始まって、出来上がるのが楽しみな豊潤な香り。

f:id:pyopyopyon:20181115015715j:plain

良い蒸され具合。写真は上を覆っている林檎を少し除けて撮った。

 

予想通りの美味しさ。

f:id:pyopyopyon:20181115015730j:plain

少し残そうと多目に作ったつもりが、お代わりをして全部食べてしまった。

 

 

前日の残りのスプリットピースープを口直しに。

f:id:pyopyopyon:20181115015737j:plain

 

こちらも定番的なお気に入り。作り方は以下。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

✴︎1品完結の魚介と野菜のトマトベースのチャウダー、骨抜き鯖のスパイス焼き(覚書き)

天然物、未冷凍のHake(メルルーサ)がセールになっていたので取り敢えず大きな切れを買う。

鱈に近いが、身はもっとフレーキーな魚だ。

家に戻ると戸棚に缶詰のクラム、瓶詰めのクラムジュースを見つけ、冷凍の海老を合わせてチャウダーにした。

 

1品で済まそうと、たくさんの野菜も煮込んで濃厚なのを。

合わせた野菜は冷蔵庫ストックから、玉ねぎ、キャベツ、大蒜、人参、オレンジパプリカ、オイスターマッシュルーム(平茸)、生姜。

切ったら少量の水と共に全部鍋に入れ、蓋をして蒸すように加熱して、瓶詰めクラムジュースと缶詰クラムの汁、白ワイン、トマトピューレを入れて煮込む。

 

香り素材は、スモークパプリカ、乾燥タイム、フェンネルシード。

それらは鍋からの匂いとハーブの匂いを嗅ぎ合わせて、その時の感覚で決めている。

 

野菜がすっかり煮込まれたら、大振りに切ったメルルーサを加えて煮込み、解れてきたら、缶詰クラムの身、そして解凍して殻を剥いてあった海老を鋏でちょんちょんと切り、鍋に加えて弱火でじんわり、しっかり熱を通して出来上がり。

 

薬味はストックのネギで。

オレンジパプリカ、フェンネル白身魚、クラムの組み合わせの煮込みにとても満足。海老の歯ごたえがは良いアクセント。

相方と共に、大変満足。

初日はこれだけをたっぷりと堪能して、写真は2日目。

f:id:pyopyopyon:20181115013752j:plain

味わいが深まっている。

 

2日目に一緒に食べたのは鯖のスパイス焼き。

f:id:pyopyopyon:20181115013813j:plain

中東食材店で相方が買った魚ケバブ用の合わせスパイスを使ってみた。

そのまま舐めると酸っぱく、芳香があり美味い。

原料を見る。

玉ねぎ、クエン酸、塩、パプリカ、黒胡椒、パセリ、サフラン

 

鯖には白ワインを振って、これと、スモークパプリカと、ブラッククミンをそっと擦り込んで焼いたら、大変良いものができた。

 

いつもは骨周りの肉が好きなので背骨付きだが、今回は骨抜きで。

身が縮んで厚みを増して、骨ありの開きより美味しく感じた。

覚えておこう。

 

私は白菜を刻んで、レモン果汁を少しと塩ぱらりでさっと和えてスモークパプリカを振ったものを付け合わせて。口直しにぴったり。

相方はジャガイモ薄切りとインゲンを焼いて。私も味見に、皿に少しだけ取って。

番外編:バミューダフィッシュチャウダー、その他

外食でも発見のあった「食の記録」はなるべくこちらに書こうと思う。

 

ロードアイランド州の、お気に入りの店。

f:id:pyopyopyon:20181112002823j:plain

 

いつもまず生牡蠣を頼む。

f:id:pyopyopyon:20181112002741j:plain

産地で全く味が違う。気に入ったものを覚えたいといつも思い、いつも忘れる。

 

写真は無いが、オリーブオイルと紫玉ねぎとケイパーを掛けた生帆立(クルード)が、とても気に入った。地元産の帆立は、甘くてねっちりとして、日本の帆立より濃厚な味と感じた。

 

 

スパイスを擦り込んだ炭火焼きの蛸、ひよこ豆添え

f:id:pyopyopyon:20181112003528j:plain

蛸だけでもふっくら香ばしく美味しいのだが、赤と黄パプリカ、紫玉ねぎを細かく刻んでひよこ豆と和えたサラダが添えられているのがとても良かった。

 

 

バミューダフィッシュチャウダー

f:id:pyopyopyon:20181112003604j:plain

初めて頼んだ。

何も掛けずに一口啜って予想外の美味しさで驚いた。

チャウダーはトマトと玉ねぎベースの濃すぎず緩すぎずのスープで、様々な大きさの切れの数種類の魚(恐らく、鮪、ヘイク、その他白身)が煮込まれているだけの、とても簡潔なもの。

(上に載っているのは大蒜を擦って焼いたサワードゥブレッド。)

 

そして、ブラックラム酒ラム酒にモラセスを入れてエイジングさせたもの)とライムが添えられている。これらを食べる直前に混ぜ入れるのがバミューダスタイルということだ。(写真の奥左は別に頼んだクラムチャウダー

 

あと欠かせないのが「シェリーペパーソース」。

f:id:pyopyopyon:20181112003608j:plain

初めて見た。舐めるとピリリと辛いがアルコールは感じなかった(私は下戸である)。

裏面を見ると、シェリー、バードペッパー、スパイス、その他が混ざっている。

会社のウェブサイトで由来を見る。

乱暴にまとめると、かつて英国の船乗りが、船上の(まずい)給食の味を誤魔化すのに、激辛胡椒をシェリー酒の樽に放り込み、調味料として使っていたのが起こりらしい。

19世紀にはバミューダに英国の世界最大の造船所があったため、この普遍的な船上用の調味料が「バミューダ」に浸透した模様。

 

 

別のサイトで「バミューダフィッシュチャウダー」の起こりを少し見る。アメリカの他のチャウダーとは全く別物で英国起源、それが余りにまずかったためにバミューダ地元の人によって改良された、と。

 

この街の他の店でもメニューに見かけた。

船乗りと一緒にバミューダに持ち込まれて発展した料理が、同じく船乗りによってこのロードアイランド州の港町に戻って来たのだと思う。

アメリカで出会った一番美味しいチャウダーであった。