読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎炒め香味野菜と昆布出汁のきのこ味噌汁(覚書き)

. 菜食 .お気に入り料理 スープ類、汁煮込み 意外かも知れない食べ方の提案 #きのこ類

旅先の食事で思わぬヒントを貰うことがある。

これもその一つ、ニューメキシコのカジュアルなサラダの店で、きのこの味噌スープなるものを頼むと、それはセロリと人参と玉ねぎ、それに3〜4種類のきのこが主役としてどっさり入った赤味噌スープで、ビーフシチューのような茶色の液体と濃厚な旨味の勢いにちょっと驚いた。味噌はブレンドしてあって八丁味噌が入っているに違いない。恐らく昆布出汁を使っている。

f:id:pyopyopyon:20161209052641j:image

 

ということで、手近な素材と家にある赤味噌でそんなものを作ったらやっぱり美味しかった。

f:id:pyopyopyon:20161209052814j:image

 材料:

香味野菜  1回目(セロリ、玉ねぎ、人参)

                 2回目(セロリ、玉ねぎ、人参、パセリの茎、パプリカ):全て微塵切り

・昆布、水

・きのこ数種類:(椎茸、茶マッシュルーム、ポルタベッロ使用)

赤味噌

 

手順:

1 昆布を水に浸して昆布出汁を取る。

2 微塵切りの香味野菜をゆっくり炒める。(写真は2回目、人参、玉ねぎ、セロリに余ってたパセリの茎とパプリカ追加)

f:id:pyopyopyon:20161209053045j:image

3 1と2を合わせて加熱、沸騰したらきのこ類を入れて火を通す。

4 3に赤味噌を溶き入れる。

 

昆布出汁が香味野菜と味噌の橋渡し。平茸や舞茸が入っていたが、値段的にパス。入るときっと美味しい。 味噌は濃いめ薄めどちらも美味しいが、濃い目は卵を落とすとボリュームがある。

 

 

炒めた香味野菜は保存しておいて、汁物が欲しい時にベースに活用した。これ便利〜。

✴︎(覚書き)帆立の香味野菜炒め焼き、焼きパプリカと南瓜と林檎とパセリのサラダ

.お気に入り料理 #果菜 ハーブが主役 #肉、魚介

パセリ消費のために思い付きで作った2品。見映えは悪いが美味しかったので記録。

 f:id:pyopyopyon:20161205124354j:image

 ✴︎帆立の香味野菜炒めがけ 

香味野菜と帆立のそれぞれの旨味が、少量の塩とオリーブオイルでガッチリ絡んで濃厚な味わいとなった。

 

材料:

・オリーブオイル

・パプリカ、マッシュルーム、セロリ(微塵切り)

・それと同量ほどのパセリ(微塵切り)

・帆立、白ワイン、レモン皮

 

手順:

野菜はすべて微塵切り、オリーブオイルでじっくりと炒める。

塩を少々振ってフライパンの脇に寄せ、空いた場所に帆立を入れて白ワインをかけ、レモン皮も入れて、蓋をして弱火で蒸し焼きに。

帆立と野菜からそれぞれ汁が出てくるので、互いの汁を吸わせるように位置を変えつつ帆立をひっくり返し、裏からも火が通れば出来上がり。

 

 

✴︎焼きパプリカと南瓜と林檎とセロリとパセリのサラダ

フルーティーで癖になる味。味見のつもりが止まらなくなった。

 

手順:

南瓜はレンジで蒸して潰す。セロリと生パプリカとパセリは微塵切り、林檎は小さく切ってレモン汁と合わせる。

その間にパプリカを焼いて皮をむき、小さく切る。

冷めたら全部合わせてレモン汁とホットパプリカ粉、塩、レモン汁で味を調える。

 

 ただし、潰した南瓜に対して水分が多いので見かけは悪い。南瓜サラダが食べたかったが南瓜が少なかったので路線を変更してこうなった。

 

✴︎紫芋茹でて栗の甘露煮サラダ(次回へ覚書)

甘味、菓子 #根菜 #堅果類、種類ナッツ、シード類

大きな栗の実をもらった。

私は栗は食べたい時に焼き栗にするだけで、茹でた事がない。

ふと正月に栗きんとんを作ってみるか?と思い付き、甘露煮にしてみることに。

 

プロセス写真を撮りそびれた。自分用に覚書:

 

1栗を水に浸す(鬼皮を柔らかくするため。1時間くらい)

2剥く。お尻に沿って切り込みを入れて。(尖ったナイフで)

✴︎実の周りの茶色い部分が渋皮か分からず残してみたが渋皮ではなかった。

 

3・水に30分くらい浸してから若干柔らかくなるまで鍋で煮る。

✴︎✴︎クチナシを煮始め(水)から入れる!煮過ぎたら割れる!

今回途中でクチナシを入れたら色が付かなかった。おまけに割れた。

 

4そのまま冷めるまで放置(色を染み込ませる)。

5栗を重ならないように鍋に並べ、別鍋で砂糖を水に煮溶かして、その液で栗を煮る。沸騰したら弱火でコトコト15分ほど。

(今回、巨大栗4つでココナツシュガー大匙1強ほど。)

半日〜1日かけて味を馴染ませる。

 

見かけは失敗だがサラリとした甘さで加減はバッチリ。栗ぜんざいのようで汁も美味しく飲んだ。

 

紫芋の皮を厚めに剥き、その皮も一緒に多めの水で茹でる。

芋を潰してレモン汁を加える。みるみる鮮やかな赤紫になる。

 

 

最初は団子状にまとめていたが、ふと箱庭を作りたくなった。

皿に敷き詰めると今度はニューメキシコのThe City of Rocksを思い出した。

 (The City of Rocks↓)

f:id:pyopyopyon:20161114064425j:plain

 

 

完成。

 

味は傑作だった。

f:id:pyopyopyon:20161130054700j:image

 乾燥クコの実をのせてしばらく置けばふっくらと戻る。

食べる時に炒りごまを。

このままも好みだが、塩をかけたり、リコさんのココナツ薬味とも合う。

相方は蜂蜜をかけてデザートに。

 

また紫芋を茹でた後の仄かに甘い汁が美味しいのなんの。この汁を得るために芋を茹でたい。