アメリカ生活 野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、やや変化球的ご飯。と暮らしの片鱗。

✴︎レンティル、ケール、バターナッツスクワッシュのスパイススープ/ツナアボカド芽キャベツのサラダ(覚え書き)

寒くなり、大鍋いっぱいにぐだくさんのスープを仕込んだ。ただ材料を切って水で煮込んだだけの簡易な作り方。

見かけは地味だけど、スパイスを効かせた野菜の甘味が楽しいスープ。相方が喜んで食べてくれた。

f:id:pyopyopyon:20191022115502j:plain

具は、

・玉ねぎ

・バターナッツスクワッシュ

ダイナソーケール

・オレンジパプリカ

・緑レンティル(洗って水を切っておいたもの)

・人参

・生姜

・茶色マッシュルーム

これらを固いものから下に、ほぼ一度に鍋に入れ、水で煮込み

 

味付けは、上記の具を煮込んで滲み出す「出汁」と、

・シナモン

・クミン

ターメリック

コリアンダー

フェンネルシード

・カルダモン

・カイエンペッパー

・黒胡椒

だったと思う。

 

甘いスクワッシュ(日本では南瓜ででも?)、ケール、玉ねぎ、レンティルの組み合わせはお気に入り。

 

遅く帰って来た日、このスープに、速攻思いつき芽キャベツとツナ缶で食べ応えのあるサラダを作ったら、これがなんとも過不足なく、完成度の高い味となった。決めてはたっぷりの刻みネギ。

 

・多種野菜とツナのサラダ

f:id:pyopyopyon:20191022120422j:plain

・刻み葱(ひと掴みくらい)

・茹で芽キャベツ4個(縦4等分に切って)

ラディッシュ (大1個を細切り)

・オレンジパプリカ (大半個分を細かく切る)

・冷凍のスイートコーン

・ツナ缶1缶

・アーモンド (適当に割って)

・オリーブ、オレンジスライス、カリフラワー、クリタスのピクルス(市販品)・・・塩味として、少量を細かく刻む

そして、

・アボカド 半個

・粒マスタード

・ミントソース

・ライム汁

をドレッシング代わりに纏わせる。

ミントソースは作ってから1年以上経っているかもしれない。昨年の夏、大量のミントと玉ねぎの微塵切りにワインビネガーを注いで、塩少々を混ぜて冷蔵庫で保存していた。

 

この組み合わせ、またやっても良いかも、で覚書きまで。

 

 

✴︎茗荷の甘酢漬け(覚書き)

前記事の中の、茹でずに作った甘酢漬けの覚書を。

f:id:pyopyopyon:20191017060558j:plain

f:id:pyopyopyon:20191017060608j:plain

 

漬け汁:(茗荷150gほど)

酒1/4カップを少し煮立ててアルコールを飛ばす。

そこに米酢を1/2カップ、蜂蜜を大匙1ほど、塩を小匙1/3~1/2ほど入れてよく合わせて保存瓶に入れる。

茗荷は洗ったら、ざるの上でたっぷりの熱湯を回しかける。

水を拭いて、大きなものは縦に等分して、上記の漬け汁に浸かるように詰めて、

常温で1日置いた。

f:id:pyopyopyon:20191017065857j:plain

 

その時の献立:

imoebinankin.hatenablog.com

 

f:id:pyopyopyon:20191026041639j:plain


 

茗荷週間で和献立#2

“週間”といいつつ写真を撮っておらずに記事はこれだけ。

ちなみに前記事の料理写真も出てきたので、一応リンクを。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

f:id:pyopyopyon:20191017060447j:plain

 

・鱈の煮付け

f:id:pyopyopyon:20191017060506j:plain

鱈は、この辺では天然の生が手に入ることがあり、重宝している。味醂と酒と醤油と生姜に水少々を足して、少し煮立ててから鱈の切り身、そして戻したわかめを入れて蓋をして火を弱め、汁が少ないのでスプーンで回し掛けながらゆっくりと味を含ませた。良い味加減にできた。

 

 

・水菜と油揚げの煮浸し

f:id:pyopyopyon:20191017060524j:plain

こちらは鰹節と昆布の出汁、味醂、醤油少々を少し煮立てたところに油揚げを入れて、薄く切った人参をまず煮る。味醂は人参の甘みを差し引いて。人参が柔らかくなったら切った水菜を入れて、蓋をしてしんなりしたら出来上がり。熱いうちに茗荷をさっと混ぜて立ち上る香りを楽しむ。

 

・茗荷の甘酢漬け

f:id:pyopyopyon:20191017060608j:plain

長く楽しみたくて、少しばかり甘酢漬けに。

茗荷の湯通しは、歯ごたえと香りを少しでも高く保てれば、と、ざるの上で熱湯を回しかけるだけにしてみた。

美味しくできたので今回の覚書を後であげておく。

こちらで貴重な酢橘と茗荷は、酢橘王子と茗荷姫の感慨。

その桜色の姫君を、お気に入りの陶「キャビン」に入れて眺めるのも幸せ。

 

・けんちん風味噌汁

f:id:pyopyopyon:20191017060624j:plain

牛蒡、蒟蒻、ヤム芋(里芋)、人参、昆布、しめじ、椎茸、ネギ、油揚げ、そしてずいぶん前に相方が日本で買った「大豆ミート」。具か汁かというぐらいの具沢山で、大鍋いっぱいに作る。

どの素材からもふんだんに出汁が滲み出て、しみじみと旨い。味噌は後から開封した、やや発酵臭の強い手前味噌をたっぷり目に。

日をおくとまた美味しいんだなぁ。

 

やっぱり和食が好き、薬味が好き。

複数の惣菜を並べようと、料理に時間をかけたのは久しぶりで、

茗荷ちゃんにしみじみと感謝。