読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

焚き合わせ、焼きそうめんかぼちゃ、鯖塩焼き、人参の金平ゴマとグラッククミン風味、大根とネギの煮込み味噌汁

#果菜 #根菜 #肉、魚介 . 和食

かなり久しぶりの和食、というかまともな食卓。

 

・焚き合わせ

f:id:pyopyopyon:20160925105437j:image

高野豆腐は干し椎茸と鰹の出汁、味醂、ブラウンシュガー、醤油、チリフレーク。

干し椎茸と昆布は戻し汁に少し水を足し、酒、味醂、ブラウンシュガー、醤油で濃いめに煮含め。

海老と獅子唐(もどき)はさっと茹でて高野豆腐の煮汁で煮びたし

海老の下には焼いたそうめんかぼちゃを解したものが汁を吸って控えている。

 

和食は手間の割に地味だ。地味だが美味しい。

 

・焼きそうめんかぼちゃ

f:id:pyopyopyon:20160925110341j:image

前日に巨大なのを半分に切って塩とオリーブオイルをまぶしてオーブンで焼いて解していたもの。甘みが増している。ここに胡麻、七味、醤油、あるいはレモン汁を振って。

それだけでかなりいける。さっぱりして良い。

 

 

・人参葉と大根皮入り金平、白胡麻ブラッククミン風味

f:id:pyopyopyon:20160925110434j:image

 ごま油で炒めて味醂、ブラウンシュガー、醤油、最後に白胡麻、ブラッククミンを香ばしく炒りつけるように。

 

皿に取ったら綺麗になった。

そうめんかぼちゃはお節に使うか。

f:id:pyopyopyon:20160925112143j:image

 

 

・焼き鯖

f:id:pyopyopyon:20160925110650j:image

久しぶりのボストン鯖。この時期脂が乗っているのか、あっという間に火脹れができて煙まみれに。換気に一苦労したが、新鮮だったのと絶妙に焼けて旨かった。

 

 

・地味な味噌汁

f:id:pyopyopyon:20160925110905j:image

昆布出汁で、大根と人参とネギの根元を弱火で気長に煮てから鰹出汁を入れて一煮立て、夕食まで休ませて温めたところに味噌を溶き入れた。

おおお。肉気0なのに、よく煮込んだ豚汁のようなコクがある。

汁物が美味だとかなり満足感が高い。

 

久々に食卓に幸せを感じた。

ごちそうさま。

 

 

 

 

 

 

トルコ風焼きスパニッシュ鯖、焼き野菜、白菜、大根、椎茸その他のあっさりスープ

 

昔から空腹に弱い。

空腹を感じなくとも本当に動けなくなるし眠れなくなるので、このところは食事というよりはカロリーと蛋白質のありそうなものを流し込み形式でかなりずさんな食生活を送っていた。

久しぶりに食事らしい体裁のものを調えて食べた。体調も回復の兆しか。

 

簡単なものだが進展(?)として記録する。

 

前日に焼いて寝かしておいた(食べそびれただけ)野菜ロースト。

f:id:pyopyopyon:20160918113521j:image

雑炊にしようとかぼちゃ(アコーンスクワッシュ)を買っていたが思ったが気が変わった。

アコーンスクワッシュ、人参、ポロ葱、ケール、ニンニクの微塵切り、玉ねぎ薄切り。

耐熱容器に切る端から入れて、オリーブオイルを回しかけて、タラゴン、セージとローズマリーとタイム少々、シナモン少々、塩振って全体を混ぜ合わせて425度のオーブンへ。

1日置くと甘みが増幅するので、翌日、ブロッコリーを生っぽさが残る焼き加減でアクセントに。

 

相方がマッシュルームとレフトオーバーのフィンガーポテトにオリーブオイルと粉チーズをかけて上から焼いたもの。美しい焼き加減ではないか。

 f:id:pyopyopyon:20160918212916j:image 

 

 

 

スパニッシュ鯖のフィレが売られていたので買ってみた。

f:id:pyopyopyon:20160918212954j:image 

白ワインをまぶしてからトルコの魚グリル用合わせ粉調味料を叩き込み、レモン汁をかけてブラッククミンをたっぷりかけて上からの強火(ブロイラーだけど)で。フィレは初めてだがあっという間に焼ける。

 

 

汁物が欲しくて適当に作った野菜スープ。

f:id:pyopyopyon:20160918213114j:image

 大根、人参、玉ねぎ少々、生姜、肉厚の生椎茸(たっぷり)、白菜(少々)、最後にグリーンピース

味付けはターメリックコリアンダー、シナモン少々、塩。

まったく何を目指しているのか分からないが、意外なほどに美味しかった。

あっさり爽やかで、鯖とコッテリロースト野菜の名脇役だった。

 

 

 

 

 

赤パプリカと茄子のペースト、燻製鱒とゆで卵とミントと赤玉ねぎとアインコルンのサラダ

#肉、魚介 #穀類(粒/粉) #葉もの #果菜 .お気に入り料理

お魚たべたい。

が、適当なものがなかったので黒胡椒を塗した燻製鱒を買った。

最初は大きな切れにレモンを添えてそのまま食べた。

f:id:pyopyopyon:20160827213940j:image

合わせたのは赤パプリカと茄子のペースト、

赤玉ねぎのスライス、ミント、ラディッシュ、ビーツとルッコラ

これらをピタパンに挟んでランチドレッシングをかけたりして。

 

f:id:pyopyopyon:20160827214016j:image

赤パプリカと茄子のペーストは、

直火で赤パプリカと茄子を皮が焦げるほどに焼いてそのまま少し冷まし、皮を剥いて(パプリカは種も除いて)細切れにし、レモン汁と塩を振ってよく混ぜ合わせるだけ。好みでオリーブオイルをかけて。私はいつもニンニク抜き。写真が無駄に大きいな。

 

 

翌日は残りを勢いよく和えてサラダにした。

f:id:pyopyopyon:20160827214029j:image

ゆで卵、赤玉ねぎをスライスし、茹でた古代小麦(アインコルン)、ミント、燻製鱒を、黒胡椒とレモン汁で和えただけ。

卵と小麦の茹で時間を除けば、所要時間5分。

(なんらかの豆や雑穀を茹でて常備していることが多い。)

 

これが、まあ美味しい。

各フレーバーと塩気の衝突をまろやかなゆで卵に麦の弾力が受け止める。

アインコルンはやや特殊な素材かも知れないが、

合わせる穀粒は弾力と大きさのあるものが良いと思う。米よりは麦の全粒。

 

 

生活の方向性を仕切り直すためにしばらく更新の間が空くかもしれませんが、

よろしくお願いします。・・・