読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

黄色ズッキーニとフルーツトマトで鮭のオムレツ、サーモンスキン

#果菜 #肉、魚介

前日に冷凍してあった大きな鮭の切り身を焼いた。

翌日の夕方その残りをサーモンバーガーにしようとしたら、相応しい材料がなかったのでオムレツに。またしても具を入れ過ぎて肥大したが、味は大変よろしい。不安そうに成り行きを見ていた相方がたくさん平らげた。

f:id:pyopyopyon:20160821000550j:image

家にあったのは立派な黄色ズッキーニとフルーツトマト。マッシュルームやパプリカが欲しかったがまあ良しとする。

ズッキーニは角切りにしてオリーブオイルでゆっくりと炒める。半分に切ったトマトとトマトペースト少々を追加。ずっと弱火でじっくりと。鮭の身をほぐして混ぜ合わせ、卵液にディルと塩と胡椒少々を混ぜて流し入れたら蓋をしてこれまた弱火で蒸し上げるように。 

 

パサつきのあった鮭が見事にふっくら。野菜も卵もふっくら甘い。

これに辛いサルサ2種を好みでつけて。

f:id:pyopyopyon:20160821001803j:image

 

サラダの上の黒い物体は所謂サーモンスキン。香ばしく焼いた鮭の皮はこちらでは巻き物の定番でもある。レモン汁をパラリ、胡椒を多めに振ってカリッと焼き直した。

奥のペーストは茄子におろし生姜とタヒニソースを合わせたもの。

手前は定番のラディッシュとその葉のにんにく生姜炒め。

 

かつての作りまくりの日々はどうしたことか。簡素な食事がほっとするこの頃であった。

 

 

✴︎ そうめん瓜とパイナップルとトマトのサラダ再び、そうめん瓜のチーズ焼き、焼きパイナップル、焼き海老ココナツ風味、その他

前日焼いたそうめん瓜の残り半分で、試験的に2品作った。

・ひとつは前日と似たようなサラダ。

f:id:pyopyopyon:20160807204522j:image

そうめん瓜、固いパイナップル、ミニトマト、生姜、葱、ミント。

味付けはパイナップルジュース、ライム汁、チリフレーク、塩。

ここで徳島の干し海老がほんの少量あったのを思い出し、人参も刻んで一緒にすり鉢で叩いてよく混ぜ合わせる。

こりゃ美味しい、の一品となった。

 

・そうめん瓜のチーズ焼き

f:id:pyopyopyon:20160807204545j:image

そうめん瓜に塩と黒胡椒を混ぜて、上からチーズをかけてオーブンで焼いただけ。

これ簡単過ぎて美味しい。黒胡椒がよく合う。相方は大量に食べたいと。

今度は自信を持って大量に作ろう。

奥に見えているは海老のココナツオイル焼きとパイナップル焼き

 

食べかけの皿で恐縮だがその他として記録した。

f:id:pyopyopyon:20160807204605j:image

・ベビールッコラ、アボカド、ミント、トマトのサラダにツナとオリーブを混ぜたもの。

・海老のココナツオイル焼き:テラコッタ皿で海老にチリフレークをパラッとかけて上からココナツオイルをかけて焼いただけ

・パイナップルのパイナップルジュース浸し焼き

・前日のテンペ

 

どの組み合わせで食べてもとても良かった。

 

 

 

✳︎ そうめん瓜とパイナップルとトマトと海老のサラダ、焼きテンペ

サラダ類 #果菜 (素材について)

そうめん瓜を初めて買った。

f:id:pyopyopyon:20160807203954j:image

こちらではスパゲッティスクワッシュと呼ばれているし実際チーズと絡めてソースをかけてパスタ代わりにするレシピをよく見る。

この記事を書くにあたり、「そうめん瓜」という名があり、日本でも食されていることを知り、驚いた。

前のロングビーンズの記事のコメントからfridayusaoさんに教わった”十六ささげ”もそうだし、意外な食材から日本の地域色を見つけられるのが嬉しい。

 

初めてなので一応写真を撮った。実際の果肉はもっと黄色い。

 f:id:pyopyopyon:20160807204051j:image

調べたように、表面に軽く塩を振ってオイルを塗って、425度のオーブンで上からアルミをかけて30分、外して25分で焼いてみた。

フォークで崩すとあれよあれよと糸状に。面白い。

f:id:pyopyopyon:20160807204217j:image 

摘むとなんともさっぱりと癖のない味である。

塩と油の箇所は良い感じ。なるほどね。

 

春雨サラダのように扱えそう。いつも入れるのは薄焼き卵と胡瓜と生姜、ごま油を効かせた甘酢だが、この日は海老と合わせたくなった。

 

海老を焼いて殻を剥き、あり合わせのトマト、胡瓜、生姜、ミントの葉、葱を刻む。

そこにライム汁、焼き海老の剥き殻の汁、ブラウンシュガーと唐辛子フレーク、塩を混ぜてかける。ライムが足りなくてピクルスの漬け汁を足した。

ここで、2日前に切ったパイナップルを思い出す。

熟すまで待ちきれず「買ってすぐに食べられる」との指示に従って早々に切ったらやっぱり若かった。

 

これを細く刻んでたっぷり混ぜ込んだ。おおお。いける。瓜と合わさりパパイヤのようだ。これなら胡瓜は必要なかった。十六ささげが欲しい。いや、ナンプラーが欲しい。

 f:id:pyopyopyon:20160807204303j:image

食べ飽きない。相方と共にたっぷりと食べた。

 

 

 簡易な食卓。

f:id:pyopyopyon:20160807204326j:image

テンペにライム汁を振り、ソフリタスように作った唐辛子ペーストと、パイナップルも刻んで載せて上からココナツオイルを振って焼いた。パイナップルが焦げる前にテンペが焼けてしまったが組み合わせ自体は悪くない。