アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎3回目の味噌作り記録(覚書き)仕込み日2017. 12. 29

昨年末に味噌を仕込んだのだった。

すっかり忘れていた。(思い出せる限りで)個人的な覚書きをする。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

今回は乾燥大豆の量を400gから500gへ増やしただけで手順や配合率は変わらない。

一応、すべて前年に倣ってメモ。

 

仕込み日:2017年12/29

材料
・乾燥大豆:約500g

・大豆の煮汁:125cc

・乾燥麹:500g

・塩:235g

 

手順
前日(豆の浸水は18時間以上):

・豆をよく洗い(3回水を換えた)、たっぷりの水に20時間浸水した(18時間以上)。

 

翌日

1  豆を煮る。

  豆を半分に切って芯が残っていないことを確認し、大鍋に豆分量ひたひたの水を注いで弱火で約3時間煮る。

2  その間、水切り容器と塩と麹の準備。

  乾燥麹(500g)に少し冷ました豆の煮汁(125cc)を注いで良く混ぜておく。

   30分ほどして(麹が煮汁を吸いきったら)塩と混ぜる。

f:id:pyopyopyon:20180118062949j:plain

写真が無駄に大きい。

 

 

3   豆をザルに移して水気を切り、少し冷まして温かいうちに潰す。

 

(前回の覚書きに従い、今回は豆はジップロックに移さずに、豆を茹でた大鍋をきれいに洗って熱湯をかけ、水気を良く拭いて、そこに戻して行った。)

最初は指で、途中からはお玉の腹で。

所要時間は50分くらいか。分量が増えたこともあって、指と肘から先が疲労。利点は、ジップロックにくっ付いた豆を掻き出す作業が無かったこと。もっと方法を工夫できないものか(次回への課題)

 

 

 

4 潰し切ったら、ふやかして塩を合わせておいた麹と混ぜる。

f:id:pyopyopyon:20180118064519j:plain

あらかた混ぜてから、後はパン種捏ねるように手で鍋肌から内側に押し込むようにひたすら混ぜた。その途中で気になる大豆は潰した。

 

納得いくまで混ぜたら、団子状にして、空気を抜きながら容器に詰める。

平にならして、できるだけ空気に触れさせないように上にラップを密着させ、その上から2重ビニール袋に入れた石を載せて重りとする。

f:id:pyopyopyon:20180118065456j:plain

 

 半年後に会いましょう。

 

・ふんだんに使って人にも上げられるよう、作る量を増やしたいが、豆潰しの(指の)労力を思うとこれくらいが限度。

作業する大鍋は深い。マッシャーを買うか?(買わないだろう。)方法を考えよう。

 

 

✴︎バナナ胡桃ケーキ、デーツで甘みを付けたココナツレモン風味クリームチーズのせ(覚書き)

砂糖を入れずに熟したバナナの甘さと胡桃のほろ苦さをたっぷりと楽しむバナナ胡桃ケーキ。相方のリクエストで頻繁に作るのだけど、人に差し上げても評判が良い。

(基本的な作り方はこちらです)

 

今回、白く飾ろうと思いついて、クリームチーズをベースに甘いクリームを作ってみたら、やたらと美味しいのができて。これからこれ無しで物足りなく感じるのでは、という恐怖を感じたくらい。

 

f:id:pyopyopyon:20171226123447j:plain

クリームチーズとヨーグルト、レモン汁、バニラエッセンス、そしてデーツ煮汁を好きな配合で、泡立て器でひたすら良く混ぜ合わせる。

様子を見ながらで分量を把握しそびれたので以下は推量。

 

クリームチーズ120gくらいに、

・ヨーグルト大匙2くらい、

・レモン汁小匙1〜2くらい、

・バニラエッセンス小匙1/2〜1くらい、

・デーツ煮汁(デーツを1.5〜2倍量くらいの水で煮て作り置いているもの*)大匙1くらい

……のような気がする。

今度はもう少しきちんと把握したい。

 

*私は砂糖や甘味料を普段の料理にあまり使わないので、甘味料としては手頃な価格で入手できるデーツを水で煮てその代わりに使っている。このレシピに関しては普通の砂糖と洋酒も美味しそうだな、と思ったし、デーツの代わりにパイナップル果汁を入れてみたい、と思った。

 

仕上げにレモン皮を削ったものと、ココナツフレークを散らして。←これマスト。

f:id:pyopyopyon:20171226115103j:plain

レモンが薄っすらと香りデーツとバニラの深みある甘さの加わったクリームチーズに、甘いココナツの香ばしさ、レモン皮の清涼感がアクセント。

バナナ胡桃ケーキの邪魔をせず、互いの違いが引き立てあっている。

 

これでも良いのだけど、機会あればラムかブランデーも加えてみたい。

 

 

 

✴︎大根器の海老餡詰めと里芋と人参と蒟蒻の煮物、紅鮭とキャベツと椎茸とネギと生姜の味噌汁

お節で紅白なますを入れるのに作った大根カップ。

f:id:pyopyopyon:20180105020715j:plain

正月が過ぎて、煮ものにした。

 

鍋に昆布を敷き、水を張る。

人参、里芋(エクアドルのタロだけど)、適当な大きさに切る。蒟蒻は手綱に。

解かした冷凍海老を細切れにし、生姜、椎茸の軸の微塵切りに、ネギは小口切りに、それらに酒と醤油を適当にかけて、海老の粘りと香味野菜のエキスを揉み出すようによく練って、冷凍グリーンピースとさっと合わせて大根カップに詰める。

ここまでを全部一度に鍋に入れて、蓋をしてゆっくりと煮る。酒もドボっと。

海老餡が少し余ったので、椎茸の傘をひっくり返して、上にこんもりと盛る。

里芋に熱が通ったら味醂と醤油、海老餡を載せた椎茸、チリフレークをパラっと入れてさらに10分くらい。

火を止めて自然に味を染ませて、食べる時に温め直して。

f:id:pyopyopyon:20180107123558j:plain

野菜は甘く、海老餡は旨く、どれも美味しくできた。相方絶賛。

これ、時間がある時なら大根カップをたくさん作ってやってみたい。

 

 

このところ石狩風鍋だったり、紅鮭と野菜の汁物を繰り返し食べている。

生姜と鮭と味噌、キャベツや玉ねぎや人参など甘みのある野菜の取り合わせは、普通のお鍋よりも身体が良く温まり、なかなか冷えないようなのだ。

たぶん気のせいではないと思う。

 

 

前日の「石狩風鍋」の汁が残っていたので、そこに具を入れて味噌汁にした。

キャベツどっさり、椎茸、ネギ、生姜、紅鮭。食べる時に黒胡椒。

見栄えはイマイチだけど美味しかった。

f:id:pyopyopyon:20180107125007j:plain