アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎ズッキーニと玉ねぎと人参とマッシュルームとひよこ豆のザタール風味ロースト、アスパラロースト、鯖のトルコスパイス焼き、パプリカとトマトとラディッシュのサラダ

初めて買ったオリーブオイルが、苦さ青臭さ満載の鼻に抜けるようなフルーティーさで大ヒット。

生でパンに付けて楽しみつつ、料理にもふんだんに使った。

 

・ロースト野菜

f:id:pyopyopyon:20170622120308j:image

 

残り野菜を適当に取り合わせて焼いただけのものだが、最後に振ったレッドワインが甘い野菜達をぎゅっと引き締めて、大層美味しくできた。

材料:

・オリーブオイル

・人参

・玉ねぎ

・ズッキーニ

・マッシュルーム

ひよこ豆(戻して茹でたもの)

 

・ザタール(中東のハーブミックス:オレガノ、タイム、ゴマ、スマック、レモンピール)

オレガノ

・パプリカ粉

・塩

・レッドワインビネガー

 

・パルメザンチーズ

・黒胡椒

 

玉ねぎと人参にオリーブオイルをたっぷりと回しかけて塩少々を振って、先に焼き始める。半分火が通ったところで半月に切ったズッキーニとマッシュルーム、ひよこ豆、ザタール、オレガノ、パプリカ粉を回しかけてざっくり混ぜ合わせて再びオーブンに。

アラブ中東地域のハーブミックスであるザタール。手持ちのはタイムの風味が強いのでオレガノを足した。

時々上下を返して最後にレッドワインビネガーを回しかけてひと加熱。食べる時に黒胡椒とパルメザンチーズを。

奥のオリーブオイルでコーティングして焼いただけのアスパラも、黒胡椒とパルメザンチーズで。

 

 

ラディッシュ、パプリカ、ネギ、トマトのサラダ、レッドワインビネガー風味

 f:id:pyopyopyon:20170622120428j:image

これもオレガノ、パプリカ粉、塩、レッドワインビネガー、オリーブオイルで味をつけただけ。大変好評。

トマトは乱切り、小さいパプリカとネギは輪切り、ラディッシュは細切れと薄切りと丸ごとを入れ混ぜた。ラディッシュのこのやり方が気に入っている。

 

タイトルに書いたものの、主菜である焼き鯖の写真がない。

トルコの焼き魚用の味付け粉は玉蜀黍粉に各種スパイスとハーブで味を付けたもの。これにオリーブオイルやレモン汁、白ワイン(なかったので酒)をかけて焼く。

 

あと、相方のローストポテトもオリーブオイルとドライトマト

 f:id:pyopyopyon:20170622124412j:image

太陽を堪能した気分。

 

ロースト野菜とサラダの残りは、翌日の昼にミントとアルギュラとざっくり混ぜて。

f:id:pyopyopyon:20170622235003j:plain

甘みを増した両者が苦い葉っぱと良く合うのである。

✴︎季節の楽しみ:生ひよこ豆の鞘焼き(覚書き)

10日ほど前のこと。

たまに訪れるシリア食材店で鞘に入った生ひよこ豆と、果実に入ったままのフレッシュアーモンドを購入した。

果肉に入ったアーモンドは昨年同じ店で初めて出会った。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

生アーモンドは、果肉を歯で割って、中のアーモンドを取り出して食べる。今回のは前回よりもずっと美味しかった。鮮度が良かったのだ。

今、去年の写真を見ると内側の茶色い皮ができかかっているが、今年のはこれがまだ緑だった。(写真を撮りそびれた)

本当に新鮮だと果肉ごと、フルーツ丸齧りのごとく食べられるという。

 

 

  

鞘入りひよこ豆は、今回スキレットで鞘ごと焼いた。

ほっくり甘く香り良く、茹でるより断然美味しい。

そら豆のホクホクさと茶豆の風味が一つに合わさったかのようだ。

f:id:pyopyopyon:20170620112816j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170620112911j:image

作り方は至って簡単。

スキレットを強火で温め、そこに鞘入りひよこ豆を重ならないように流し入れ、強火のままで3分ほど焼く。

たったの3分。試しに一つ割って食べると本当に仕上がっている。

ホーローのフライパンでもやってみたがうまく行った。

 

 

止まらない、止まらない、本当に美味い。

 

シーズン中にまた買いに行けたら良いな。

 

✴︎重ね煮とニラどっさり餃子(覚書き)、木耳と筍と人参と中国野菜と春雨のスープ、わかめときゅうりの箸休め

ずっと相方に餃子のリクエストを受けていたが、彼の誕生日をかなり過ぎてから、ようやく作った。

餃子を作るのは人生二回目。違いは前回はキャベツとニラと味噌、今回は重ね煮とニラを使ったこと。

絶賛してもらい、1個食べてみると確かに旨い。覚え書きを。

 

・重ね煮とニラどっさり餃子

f:id:pyopyopyon:20170608233645j:image

だいたいの材料と作り方:

 

市販の皮22枚分

・豚肉:120gくらい

・基本の重ね煮:約250gくらい

・ニラ:太束2/5くらい?

・にんにく:中2片

・ごま油:(餡には小匙1/2ほど)

・塩:小匙1/2弱

・胡椒:適宜

 

手順

・豚肉をミンチ状に切り砕く。

・重ね煮、ニラもみじん切りにする。

・全ての材料を良く練り混ぜて皮に包み、30分以上寝かせる。(具の量は小匙1くらいづつか)

 (皮にギャザーを寄せる方法は要調査。4本指に皮を載せて指先側に具を載せて、皮の周囲に水をつけて手前から指先に折るようにして下側の皮をギャザー状にしたが、ものすごく時間がかかった。)

・フライパンに餃子を並べて熱湯を5mmくらい注ぎ、蓋をしてできるだけ強い火で3分蒸し焼きに。

・皮が透明になったら火を止め、水が残っていれば捨てて、ごま油を多めに注ぎ入れて再び蓋をして好きな焦げ目まで(4分くらいだった)蒸し焼きに。

・皿を被せてひっくり返して載せる。

 

思いもよらず、羽根が付いていて嬉しかった。

最初の熱湯で澱粉が溶け出して羽根を作ってくれるんだな。

 

私はこの日は鯖を焼き、餃子は相方専用。

相方は惜しみながらやっぱり翌日にも食べたい、と残していた。作った甲斐があったものよ。

 

あと、スープ

f:id:pyopyopyon:20170608235636j:image

・木耳、筍、人参、生姜、にんにくちょっぴり、白青梗菜、椎茸、味付けはは餃子の具の残りを出汁と塩気に塩を足し、酒、胡椒、そして最後にニラ、春雨、ごま油。美味。

 

箸休め

f:id:pyopyopyon:20170609000621j:image

わかめを戻してきゅうりを刻んで、塩、リンゴ酢、ごま油、ごまで和えただけ。好評。箸休めというより、箸進む系。

 

 

餃子次回へ:

豚肉みじん切りは先に半分凍らせるとやり易そう。包み方を調べておく。

(この二つで気持ちが疲労困憊した。)