アメリカ生活 野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、やや変化球的ご飯。と暮らしの片鱗。

#豆類

✴︎ひよこ豆のスパイス煮込み(レシピ)、トマト、胡瓜、紫玉ねぎとミントのサラダ、茄子とドライトマトのハリッサ風味

コロナで飲食店の営業が制限を受けており、半年以上外食をしていない。しかし最近トルコ発祥のファーストフード店を見つけ「ひよこ豆トマト煮」を試すと、添えられていたレモングラスと生姜フレーバーのジャスミン米と良くあってとても美味しかったので、そ…

夏の盛合わせ(✴︎香菜のお浸し、ケールと雛豆のピーナツ味噌和え紹介)

盛って楽しんだ、和食盛り合わせ。 出汁は全て瓶に作っておいた昆布出汁を使用。 炊き合わせ、クレソンライム味噌添え。 炊き合わせ:人参、里芋(ヤム)、牛蒡、蒟蒻、シメジ、生姜(昆布出汁+味醂+醤油) 添えた青味は、ライムを絞っただけのベビークレ…

夏の惣菜盛合わせ(✴︎ダイナソーケールのピーナツ味噌和え✴︎パセリの佃煮風)覚書

少し前のこと。久々に行った日本食材店で、枝付き枝豆を見つける。 鞘はところどころ黒ずみ始めていたが、茹でると冷凍よりよほど美味しい。 ・ダイナソーケール(葉がフラット)のピーナツ味噌和え(ヒット覚書) 時間をかけて少量の水で十分柔らかくなるま…

チリビーンズでサウスウェスタン

夏の始まりの頃、久しぶりのチリビーンズを、数日間楽しんだ。 度々載せてきたので、今回はその時の模様をざっと写真で。 チリビーンズ 今回相方が試しに買ってきたヴィーガンひき肉で試す。 うん、いける。これも豆が原料なので、本当の意味で「チリビーン…

✴︎冷たいボルシチ(レシピ覚書:ザワークラウト、紫キャベツ、ビーツ使用)、✴︎豆乳ヨーグルト作り方

ザワークラウトを使って、冷たいボルシチを作った。 NY ●imsの美味しそうなレシピを見たが、材料の都合で何かと変更。フェネルが無い・・・。違ったものになったが、それなりに美味しい。次のために、オリジナル作り方をメモしておく。 材料:(→は今回の変…

夏の盛り合わせ(✴︎小豆とパティパンスクワッシュのいとこ煮擬き覚書✴︎)

このしばらく料理はいくつかまとめて作ったら、日々作らない、またはそれに1品2品足すくらいで回している。少しづつ盛るのは、やはりそれ自体が楽しい。 走り書きになるが、今回の盛り合わせ。 どれもお気に入りの組み合わせ。 1時の位置から右回りに: ・キ…

✴︎失敗から生まれた空豆(ファバビーンズ)寒天(覚書)

久々に味噌以外のエントリー。 さっぱりとした和食が食べたい季節となった。 煮物にしようと乾燥空豆を戻して茹でたところ、またもや煮崩れてしまった。完璧に崩れて茹で汁に溶け込んでいる物多数。スープにしようかと思ったが、心は和食。 思案して、そこに…

✴︎6回目の味噌作り記録:足踏み+コンテナー:仕込み日2020. 03. 29

随分久しぶりの更新になってしまった。 2月末に日本から帰米し、その後いろいろとあり「旧日常」から「現日常」のシフトに時間がかかった。 有機栽培大豆は売り切れていないので、この冬仕込みそびれた味噌を仕込んだ。作り方は2018年12月の4回目とほぼ同じ…

✴︎レンティル、ケール、バターナッツスクワッシュのスパイススープ/ツナアボカド芽キャベツのサラダ(覚え書き)

寒くなり、大鍋いっぱいにぐだくさんのスープを仕込んだ。ただ材料を切って水で煮込んだだけの簡易な作り方。 見かけは地味だけど、スパイスを効かせた野菜の甘味が楽しいスープ。相方が喜んで食べてくれた。 具は、 ・玉ねぎ ・バターナッツスクワッシュ ・…

いろいろ摘みながら、甘辛い焼き鮭とけんちん汁風具沢山味噌汁

お節のあとの食事。 私はこういう食事が好きだ。 お節の残りの酢橘を絞って、金柑煮を摘みながら。美味しい。 奥の緑はブロッコリーラブのお浸し(おかかと胡麻和え)。 隣はルピ二豆(うちわ豆)。コリコリ塩気の強いこの豆が、ブロッコリースプラウトの苦…

✴︎4回目の味噌作り記録:豆潰し改善案:仕込み日2018. 12. 30

またもや年の瀬になってしまった味噌作り。 今回は潰し方を変えて、ずいぶん楽になった。 ・豆の煮上がりかたさについて: 理想の圧は500g前後(450〜600g)らしい。 今まで、もう一つの目安「小指と親指で挟んで潰せるほど」を採用していたが、今回、その時…

✴︎銀鮭とキャベツと林檎と栗と平茸の蒸し煮(覚書き)、ヴィーガンなスプリットピースープ

鮭とキャベツと林檎と栗。どれがどう合わさっても好きな組み合わせ。 海、畑、果樹園。そして森。平茸も足して、それらを一緒に、しごく簡単な蒸し煮に。 キャベツを刻んで鍋の中、ターメリック、カイエンペッパー、フェンネルシードを混ぜ入れ、平にならす…

茗荷と生姜と葱とラディッシュの酢味噌和え、根菜とレンティル(レンズ豆)のスパイス煮込み

帰米して間もない頃は、異常気象で暑かった。 そんなある日のさっと作った盛り合わせ。 出来合いのスモークサーモン、オレンジパプリカ、玉ねぎ、レモン。 ブロッコリーラブは大束を買ってすぐに蒸しておく。味の調和の完成した野菜と思う。独特のほろ苦さと…

ぎゅうぎゅう一皿食:鱈のコーンフラワースパイス焼き、隠元トマト煮込み、栗入りワカモレ、コールスロ=、リフライドビーンズ

4月から下書きに入ったままの記事を見つけた。美味しかったので、やっぱりアップ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一人飯。鍋に飽きたある日の夜、鱈をスパイスとコーンフラワーでさっくりと焼いて、ワンプレートにした。 一番奥: …

✴︎3回目の手作り味噌開封(開封日 2018. 07. 31、仕込み日 2017. 12. 29)

この仕込みの開封。 imoebinankin.hatenablog.com 容器の蓋を開けて、重石をどけて、ラップを剥がすとこんな風。ラップの跡が付いている。 黴は無く、少しの溜まり。 底も側面も、表面ぐるりとこの色だが内側はそれほど濃くも無い。 仕込み日を今改めて見る…

無花果とズッキーニと白豆とディルのサラダ、柘榴糖蜜とオリーブオイルソースかけ・鱈のきのこトマトソース煮込み

ディル、ミント、香菜の束が、大きく新鮮だったので一度に買って帰った。 計るとどれも200g〜250g。それぞれ洗って良く水を切り、綺麗な袋に入れてすぐ使えるようにしておく。 まず昼前にディルとズッキーニと白豆と無花果でサラダを作り、少し食べて、あと…

✴︎レモン皮の即席漬け入りマンゴーサラダ(覚書き)、大根、挽き割り豆、椎茸、海老のスパイス煮込みでスープ飯風に

半月の一人飯期間が先ほど終了。 終盤に美味しいのができた。 プレートは ・大根、挽き割り緑豆、オレンジパプリカ、玉ねぎ、きのこ2種(椎茸とブラウンマッシュルーム)、海老のスパイスココナツミルク煮込み ・ターメリック、クミンシード、カルダモンポッ…

✴︎保存版:柘榴ソース(覚書き)で纏めた帆立ソテーレンティル添え、エンダイブのサラダ

ソテーした帆立にレンティルの組み合わせが好きだ。 ソテーした帆立に果物の組み合わせも好きだ。 今回は、レンティルをすっきり清涼な感じにして柘榴のソースを合わせたい。全体としてはほんのり柑橘と草が見え隠れする果物メドレーなイメージで。 この時期…

✴︎鮟鱇と白豆とダンデライオン(たんぽぽ)葉のスパイス煮込み(覚書き)、大根、ラディッシュ、オレンジパプリカ、ベビールッコラ+赤ワインビネガーのサラダ

しばらくご無沙汰していました。 下書きに入っていた記事を見つけたので,、上げてしまいます。 * 鮟鱇と白インゲン豆とダンデライオン(たんぽぽ)の葉のトマトスパイス煮込み 相方不在、鮟鱇をまとめ買いしてい毎日食べていた時、白豆と合わせて手元のダン…

✴︎黒豆、玉ねぎ、人参、オレンジパプリカ、海老のチリペッパー煮込み(覚書き)、ワカモレ、紫キャベツと人参のスパイスローストの残りの盛り合わせ。

前記事から3日後。2日間は鍋。 imoebinankin.hatenablog.com その時の紫キャベツと人参とラディッシュの葉のスパイス焼きに、あり合わせ食材で黒豆煮込みを作ってかけて食べるアイデア。 これもヒット。 あり合わせ食材は、玉ねぎ、人参、オレンジパプリカ、…

✴︎3回目の味噌作り記録(覚書き)仕込み日2017. 12. 29

昨年末に味噌を仕込んだのだった。 すっかり忘れていた。(思い出せる限りで)個人的な覚書きをする。 imoebinankin.hatenablog.com 今回は乾燥大豆の量を400gから500gへ増やしただけで手順や配合率は変わらない。 一応、すべて前年に倣ってメモ。 仕込み日…

✴︎スプリットピー(乾燥ひき割りグリーンピース)のスープ単純レシピ覚書き

相方がレトルトのスプリットピー(乾燥ひき割りグリーンピース)スープを時々買うことに気が付いた。 聞くと好きという。知らなかった。では作ろう。 フレンチ系カナダ移民が持ち込んだとかで本来骨つきハムから出汁を取るらしいが、せっかく自分で作るので…

鱈の蒸し焼き:平茸とネギ添えの2バージョン、ケールとルタバガとレンズ豆のスープ

日本から戻って1週間ほど経ったある日、fresh & wildの鱈がセールだった。 私はこの2単語(いや、sale合わせた3単語)が並ぶとめっぽう弱い。 1日目はココナツオイルでネギとヒラタケを炒め始め、塩麹、ライム、ターメリック、クミン、チリペッパーで下味を…

✴︎南瓜とパティパンスクワッシュと椎茸とひよこ豆のスパイス煮、鰯と玉葱と椎茸とフルーツトマトのスパイス焼き

日々慌ただしい。そして日本とのメールのやり取りが増えて、日本語を書く気力が残らない。 そんなこんなでほったらかしになっていたいくつかの記事を帰国前に無理に上げてしまう。 相方が緊急帰国した際、私の元には巨大な南瓜と巨大な西瓜が残された。 私は…

✴︎7月5日に自家製味噌の封印を解く(2016年12月16仕込み)

昨年末に仕込んだ味噌を開封した。 imoebinankin.hatenablog.com 前回のが余りに美味しかったので今回は多めに仕込んだのだが、塩気も味も前回よりずっと濃い。 なんというか、手強いが深い味わいがあって、剣道の師範の深い厳しさを思わせる。 前回の分量を…

焼いたコバンアジに黒豆のチリ煮込み添え、黄金ビーツのピクルスのサラダ、古代小麦のサラダ添え

・Pompano(小判アジ)の塩焼き 丸くて、銀色でつるんとしていて、平べったくて大きな魚。珍しいので買った。「コバンアジ」と和名もあるが、ピンとこない。 簡単に白ワインと塩に少しのオリーブオイルで焼いて食べると、なんだろう、覚えのある味。その香り…

切干し大根とラディッシュの葉とひよこ豆と椎茸の炒め煮、鯖大根、きゅうりと若布の酢の物、隠元の胡麻和え

前記事の翌日の話だが投稿が遅れた。 久しぶりの鯖はトルコ風味焼き魚として食したその日のうちに、余りを大根とサツマイモと共にじっくりと煮付けてあった。 今回は水気を飛ばすためにとにかく煮込んだ。大根と芋の区別がつかないくらい。 とにかく濃い、そ…

✴︎ズッキーニと玉ねぎと人参とマッシュルームとひよこ豆のザタール風味ロースト、アスパラロースト、鯖のトルコスパイス焼き、パプリカとトマトとラディッシュのサラダ

初めて買ったオリーブオイルが、苦さ青臭さ満載の鼻に抜けるようなフルーティーさで大ヒット。 生でパンに付けて楽しみつつ、料理にもふんだんに使った。 ・ロースト野菜 残り野菜を適当に取り合わせて焼いただけのものだが、最後に振ったレッドワインが甘い…

✴︎季節の楽しみ:生ひよこ豆の鞘焼き(覚書き)

10日ほど前のこと。 たまに訪れるシリア食材店で鞘に入った生ひよこ豆と、果実に入ったままのフレッシュアーモンドを購入した。 果肉に入ったアーモンドは昨年同じ店で初めて出会った。 imoebinankin.hatenablog.com 生アーモンドは、果肉を歯で割って、中の…

✴︎キャベツと人参とラディッシュの葉とテンペのスパイス蒸し焼き(覚書き)

キャベツと人参とテンペの蒸し焼きが美味しかったので忘れないうちに記録。 野菜は深い容器で蒸し焼きにしたかったのでローフ型を使うとテンペが丸ごと乗せられて良い感じだった。 イメージしたのはいつも作り置きする「重ね煮」の変奏で、重ね焼き。キャベ…