アメリカ生活 野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、やや変化球的ご飯。と暮らしの片鱗。

自家製味噌仕込み(大豆+昆布or 干し椎茸or粉生姜)仕込み日3/16/2021

仕込み日:2021年3/16 午前 天候:曇り 部屋の気温約15C、部屋の湿度22%

残りの麹で、変わり大豆味噌を4種類仕込んだ。

前回、昆布をそのまま入れたが、今回は出汁が出るかと期待もしつつ、コーヒー豆挽きで粉末状に。

ついでに、家で干した椎茸も粉末に。

f:id:pyopyopyon:20210321043800j:plain

左が昆布、右干し椎茸

粉生姜もある。それぞれ単体と、コンテナーに入りきらなかったそれぞれを混ぜた「全部入り」で4種類。

 

今回は粉乾物が入るために大豆ゆで汁多めとした。

 

参考用:

f:id:pyopyopyon:20210210053118p:plain

出典 https://www.shangrila-earth.com/entry/miso_hikaku

 

私の使っている麹の基本レシピを自分用に。 

<Cold mountain dried rice koji の重量と戻し比率>

1 package =20 onz.= 568g

 

f:id:pyopyopyon:20210210053808j:plain

大豆同量の場合、麹に吸わせる大豆の茹で汁の比率

赤味噌作り 麹重量の0.66倍

白味噌作り 麹重量の0.34倍 (塩は赤味噌の約半分)

 

 

以下が今回の配合。

・乾燥大豆: 500g

・大豆の煮汁: 200ml

・乾燥麹: 530g

・塩:220g

 

20時間豆を戻し、水を替えて煮た。

3時間ほどの茹で汁を麹に混ぜてふやかし、そこに塩をよくよく混ぜる。

今回の豆はなかなか柔らかく煮えない。硬いのが少々残ってもそれは楽しい自家製ならではの歯応え。4時間で湯切りして少し冷まし、大きなジップロックに入れて足で踏み潰す。そこに塩麹ミックスを入れてよくよく混ぜ合わせる。

 

上記を1/3づつに分けて、それぞれにあらかじめ粉末に挽いておいた

・昆布15g

・ほし椎茸13g

・粉生姜21g

 を混ぜる。

f:id:pyopyopyon:20210321043656j:plain

右:昆布、左:干し椎茸、上(粉生姜)

 

 

今回も、瓶の蓋で平に均してからラップを密着させて、上に粉わさびを乗せて、密封。

f:id:pyopyopyon:20210321043853j:plain

 

f:id:pyopyopyon:20210321044302j:plain

全部混ぜ。

 

今回の工夫:容器に詰める際は味噌玉を入れたらグーで押し潰し、容器に密着する部分の空気抜きを優先して、懸命にやった。作業が若干早くなった。

懸念:麹に大豆茹で汁が熱いうちに混ぜてしまった。麹が生きているかどうか。

 

6月以降に開けるつもり。

 

自家製味噌仕込み

今年最初の味噌仕込み。

今回は唐辛子入りと普通味噌の2種類。

味噌を食卓調味料として使うようになると、我が家では唐辛子入りの消費が早いので、1/5を普通の大豆味噌、 4/5を唐辛子入りとした。以下は覚書。

 

仕込み日:2020年2/10 午前 天候:曇り〜晴れ間  

(全体量)

・乾燥大豆: 567g(1.26Lb) →茹でると1340g(≒2.36倍)

・大豆の煮汁: 200ml

・乾燥麹: 650g

・塩:225g

 

中途半端な数字なのは、大豆をスーパーのセルフサービスディスペンサーで買ったため。

いつもの500gより1割強増し。

戻し時間は22時間。

 

一旦水を捨て、大鍋にかぶるくらいの水を張り、3時間強茹でる。今年は時々かき混ぜたため、沸むらがほとんどなかった気がする。

茹だった大豆をざるにあげる。煮汁は取っておく。

茹で上がりの重さを計ってみた。1340g。大豆は2.3倍ほどに膨らむそうで、まさにピッタリの数字だった。

 

ここまでの手順は毎年と同じ。

 

 

まず、乾燥麹に大豆の茹で汁200mlをかけ、全体をスプーンで混ぜる。

茹で上がった大豆の1/5 量と4/5量を、それぞれ別のジップロックに入れて潰す。その後ふやけた麹に塩をよく混ぜて、重さを計り、1/5 量と4/5量を振り分けた。

 

1/5(=乾燥大豆約110g)分

大豆と麹を納得いくまで混ぜ、できるだけ空気を抜きながらコンテナーに詰め、詰め終わったら味噌の上を昆布で覆い、重石とわさび粉を載せた。

 

4/5(=乾燥大豆約1パウンド分)に唐辛子混ぜ入れ

・生パラペーニョ:60g

・挽きたてチポトル:40g

・Hatch mild チリ:80g

f:id:pyopyopyon:20210212055057j:plain

明るい赤はニューメキシコのハッチのマイルドチリ。緑はハラペーニョ。下はチポトレ

 

f:id:pyopyopyon:20210212055039j:plain

チポトルチリのもとの姿。コーヒー豆挽き機で荒めの粉末状にした。

 

それぞれジップロックに投入し、全ての材料を納得いくまで混ぜる。

食感が楽しいので潰さない豆粒は敢えて多めに残す。

f:id:pyopyopyon:20210212055112j:plain

赤:チリ入り。白:普通大豆

 

 

 

 

 

 

 

今年の新発見。

f:id:pyopyopyon:20210212055128j:plain

最後、仕上がりの表面を平にするのに、コンテナー口径より少し小さめのジャーの蓋が活躍した。特に縁を綺麗にならせる。

以下、その表面。

f:id:pyopyopyon:20210212055136j:plain

コンテナーに空気を抜きながら詰めるのが、実は一番時間がかかる。チリ入り、外にこぼれたのを味見すると、この状態で既に美味しい。このまま食べたくらい。でも熟成を待とう。本当に待ち遠しい。

 

f:id:pyopyopyon:20210212055147j:plain

普通味噌撮るの忘れた。

 

f:id:pyopyopyon:20210212055200j:plain

ラップで覆い、山葵粉を乗せてみた。

 

 他の詳細は過去記事とほぼ同じ。

imoebinankin.hatenablog.com

 

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

 

12月17−20日、手前味噌開封:2020.3月29日(大豆)、5月9日(雛豆)、5月20日(昆布入り、チリ入り、豆板醤))

記事が滞っていましたが、開封したのは昨年12月17と20日

12月17日に開封したのは

ひよこ豆味噌

imoebinankin.hatenablog.com

 

・昆布入り大豆味噌

・チリペッパー入り大豆味噌

imoebinankin.hatenablog.com

 

・豆板醤もどき(空豆唐辛子味噌)

imoebinankin.hatenablog.com

 

容器に移したもの。

f:id:pyopyopyon:20210207110648j:plain

左上から時計回り:唐辛子大豆、昆布大豆、雛豆、空豆唐辛子

20日は普通の大豆味噌の半分。

imoebinankin.hatenablog.com

 

f:id:pyopyopyon:20210207111746j:plain

大豆味噌

所感:

大豆味噌:いつもより多少塩気を強く感じる。

変わり味噌においては、とりわけ豆板醤もどきの旨さに驚いた。辛さよりも、深く濃く、まったりとした味わいが立っており、雲丹の塩辛を思い出す。豆板醤はこんな味だっただろうか・・・10年以上買ってもいないので、思い出せない。アボカドに付けると病みつきに。

 

昆布入り:思ったより出汁の味はせず、あっさり風味。しかし普通のと比べるとやはり出汁が移っている。

雛豆:思ったより甘くない。むしろ私は塩を強く感じる。塩を減らしても良いかも。またはもっと早めにあげる。

唐辛子入り:空豆唐辛子味噌ほどの旨味はないが、やはり唐辛子からの旨味を感じる。もっとたくさん入れても良いかもしれない。

豆板醤もどき:申し分ない。

 

ちなみに、ジップロックで作った味噌はどれもカビが多く、取り出すのに苦労した。作る時も空気を抜くのはなかなか難しいと感じた。しかしスペースを取らず容器も買い足さなくて良いのが魅力。慣れるだろうか。

 

見苦しいが、移す前の状態を記録に貼っておく。

空豆唐辛子には黒っぽいカビ)

f:id:pyopyopyon:20210207111756j:plain

 

(昆布入りには白かび)

f:id:pyopyopyon:20210207111810j:plain

 

大豆(唐辛子)には黒っぽいカビ。

f:id:pyopyopyon:20210207112415j:plain

 

どうやら、唐辛子が黒カビに好まれ、昆布は白カビに好まれる?

 

 

沢山の味噌を持つことで、味噌の扱い方が変わった。台所の調味料から食卓の調味料へ。

まず、味噌汁の食べ方が変わった。

鍋の中に味噌を溶き入れず、食べながら好きな味噌を入れる。

よって、「味噌汁」というより「野菜汁」、それを味噌で食べる感じか。

最初は合わせ味噌を作ったり、皿にそれぞれの味噌を少しづつよそおってから食卓に出したりしていたが、今はそのまま食卓に出せるよう、大きめの蓋付き容器一つに4種の味噌を入れている。(空豆味噌は少ないので除外)。

 

 

具が大根と里芋の場合など、それらに味噌をちょっぴり載せると、味噌田楽を食べているよう。汁はそのまま啜ったり、味噌と啜ったり。何度も楽しい。

 

もちろん汁物だけではなく、豆腐や焼いた野菜や魚など、何にでも使える。

今や食卓の調味料として欠かせないものとなった。

 

この方式、広がって良いんじゃないかと思う。