読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

(観光)6月7日、ジョージナカシマのスタジオとLambertville

(その他、料理以外)

たまには観光ネタを頑張ってみましょう。

 

ペンシルベニア州 New Hopeという町の郊外にある、故・ジョージナカシマのスタジオに行ってきました。

http://www.nakashimawoodworker.com/

一般オープンは土曜日の午後だけです。

f:id:pyopyopyon:20140609224359j:plain

森の中の広い敷地にショールーム、製作所などの建物がいくつも散らばっています。全てナカシマ氏の設計です。外観、内装ともに日本の懐かしい木造建築の要素が盛りだくさん、簡素で、木材の選び方、あしらいがすてきで、フォルムがのびやかで、たいへん素晴らしいものでした。

木の家具はどれも美しくて機能的。シグニチュアーのコノイドチェアーは座り心地も抜群です。

庭の設計も日本庭園の伝統的なエレメント(樹木や石の種類や配置)が森のワイルドネスとしっくりと融合しています。

どこかのびやか。こんな環境で暮らせたらパラダイスです。

お嬢さん、息子さん、お孫さん夫婦も接客で大忙しでしたが、息子さんとゆっくりお話ができました。香川がお好きなようでした。

 

ちなみに、なぜかNew Hopeはバイカー達のストップ地点でもあり、この日もたくさんの巨大なバイク(と巨大な人々)が集っていました。

New Hopeはちょっと観光地化が激しいのですが、橋を渡ってすぐのNJ側の Lambertvilleという町はローキーで、アンティークな佇まいも気にいっています。

スタジオに行く前に、お気に入りのお店でランチを取りました。

Lambertville Station Restaurant

f:id:pyopyopyon:20140609225659j:plain

古い鉄道の駅舎を利用したレストラン。横は使われなくなった線路。

 

テラス席からの眺め〜

f:id:pyopyopyon:20140609225932j:plain

線路の向こうにはハーブの菜園が。そして緑あふれる小径と小川が続いています。

店員さんも丁寧だし、とても居心地が良いです。

 

駅舎だった建物は大きくて、地下にはパーティールームやバースペース、上階にいくつもの個室があり、レトロで素敵です。

化粧室横の非常口サイン。

f:id:pyopyopyon:20140609230307j:plain

 

 

順序が前後しましたが、お昼を食べた後ちょっと町を散歩してからジョージナカシマのスタジオに移動しました。そこでゆっくりと滞在して、帰りに苺狩りもして来ました。

 

f:id:pyopyopyon:20140609231655j:plain

苺狩りは大好きですが、日本にいた時はビニールハウスでしか体験がありません。

こちらでは屋外が主流。

青空の下、大きな葉の透き間から日差しを受けて輝く赤い苺たちは、まさに農園のルビー。

 

f:id:pyopyopyon:20140609232204j:plain

 

見つけるたびに摘みたい気持ちをぐっと堪えて、先の先まで真っ赤になっているのを慎重に選びました。

こちらの(アメリカの、でなくて、この)ファームでは摘んだ苺にだけ課金されます。その代わり、味見をしながら摘むことはできません。

ですからお味を心配していましたが、どれもとても甘くて大満足でした〜〜

♡♡♡♡♡ ♡♡♡♡♡ ♡♡♡♡♡ ♡♡♡♡♡ ♡♡♡♡♡ ♡♡♡♡♡

 

そのあとの夕ご飯までアップする気でしたが・・・

長くなった(し、疲れた)ので別エントリーにて。