読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎手巻きに煮デーツを使ったセロリの甘酢(覚書き)、ポーギー(黒鯛)の煮付、南瓜の煮物、キャベツと椎茸と油揚げの味噌汁

 

天然物のポーギー(黒鯛)。

日本にいた頃に食べてたかどうか覚えがないので比べようは無いが、

天然物とは言っても、鯛らしい良い香もせず、身が柔らかいので、あまり積極的に食べたい魚ではなく、安価だが、数度買ってから買わなくなっていた。

が、煮付けてみたらなかなかいけた。

f:id:pyopyopyon:20170321114234j:image

地元の魚の煮付けは滅法甘くてこれは疲れた時に特にいいのだが、私は生姜と酒、味醂と醤油のみ、気分だけ鳴門の若布と煮た。ここには美味しい豆腐と木の芽が欲しいところだが、無い。鍋に収まりきらずに尻尾が曲がった。頭部が美味であった。

 

手巻き素材

f:id:pyopyopyon:20170321114449j:image

前日の残りの鱈でんぶとはりはり漬けに、胡瓜、紫蘇、若布を刻んだの、しらす干しを足して。

 

 そして、地味だが今回のヒット作であるセロリの甘酢漬け。

f:id:pyopyopyon:20170321114751j:image

気に入って、この後も何度か作っている。

今自分の中でブームになっているデーツ甘味を利用。

輪切りデーツを水少々で煮て冷ます。

薄切りにして軽く塩で揉んだセロリを、枸杞の実と、煮たデーツ(汁ごと)とリンゴ酢で和えた。

キャラウェイシードをほんの数粒、隠し味に。

胡麻は食べる直前に指で潰しながら。

口直しにぴったりで、和食の中でも違和感ない。

 

 

そのままでもお箸が止まらないが、巻けばしらす干しに合うのである。

 

f:id:pyopyopyon:20170321115249j:image

適当に乗せて。

 

 

 

後は、南瓜とエリンギの煮物

f:id:pyopyopyon:20170321115359j:image

少し唐辛子を効かせてある。

 

 

と、キャベツを鰹出汁でゆっくり煮込んで油揚げと椎茸を合わせた味噌汁。

f:id:pyopyopyon:20170321115519j:image

 

目も舌も楽しかった。

 

これは相方がいた時の最終食卓。

3日前からしばらく不在になるが、その間ライフワークである写真の作業が多忙となりそうで、こちらのほうに手が回るかどうか分からない ・・・といいつつ、マメにアップしそうな気もする。