アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎南瓜とパティパンスクワッシュと椎茸とひよこ豆のスパイス煮、鰯と玉葱と椎茸とフルーツトマトのスパイス焼き

日々慌ただしい。そして日本とのメールのやり取りが増えて、日本語を書く気力が残らない。

そんなこんなでほったらかしになっていたいくつかの記事を帰国前に無理に上げてしまう。

 

相方が緊急帰国した際、私の元には巨大な南瓜と巨大な西瓜が残された。

私は毎日同じものを食べても平気なので、南瓜の半分はスパイスで煮込んだ。そして西瓜の半分は冷凍した。

 

盛り付けの写真がないので鍋のまま失礼。

f:id:pyopyopyon:20170812204923j:plain

 

マスタードシード、カルダモン、玉葱、大蒜、生姜にドバッとココナツオイルをかけて鍋で炒め、玉葱がくったり茶色くなり始めたら、南瓜と椎茸の軸、ざっくり割ったパティパンスクワッシュを加え混ぜ、アサフェティダほんの少々、ターメリック、カイエンペッパー、クミン粉、塩少々。蓋をして嵩が減ってきたら、茹でてあったひよこ豆、大振りに切った椎茸、そしてトマトピュレをドボドボと注いでライムを絞ってひたすら煮込む。最後に味を整える。

食べる時に刻んだ香菜で清涼を添える。

 

勢いで作って日が経って記憶が怪しいが、だいたいはこんな感じ。

パティパンスクワッシュの料理記事を上げていたなかったことに今気づいた。

その時の料理のものだけど、載せる。

f:id:pyopyopyon:20170812211100j:plain

名前と姿が可愛らしい。近くの店で初めて見かけた。

淡白で水分が多く、黄色ズッキーニに近い風味があるが、もう少し身がしっかりしている。

 

 

夕方、買い物に行くと思いがけずに生の鰯があった。大変な貴重品だ。

塩焼き醤油にしようと思ったけど、これもスパイスと椎茸繋がりで料理。

昨年の引越し前後に、缶詰でも美味しいので良くやっていた合わせだけど、

いやー、生は違う。上記の南瓜煮込みにも良くあってとても満足な夕食だった。

 

f:id:pyopyopyon:20170812223359j:plain

鰯に白ワイン、塩、ライム汁(レモンがなかった)をふって下味をつける。

玉葱を厚めの薄切り、椎茸の軸は輪切り、椎茸を薄切りにしてホイルに並べ、塩少々と生姜みじん切りをパラパラふりかける。

その上に鰯を載せ、身に生姜とブラッククミンを身に軽く押し付けるように。

鰯の周りにフルーツトマトを一層に敷き詰めて、タイムと乾燥チャイブ、パプリカ粉をぱらりとかけ、温めたオーブンへ。7〜8割熱が通れば上からの熱に切り替えて、トマトと鰯を好きな感じに焼いて。

 

奥は見えないけれど、ベビーケール、ラディッシュ、紫玉葱にパプリカ粉と赤ワインビネガーをかけたサラダを付け合わせ。

 

 

以上。