アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎アボカドとパセリとキウィと胡瓜の緑のソース(覚書き)を中心にしたサラダ(紫キャベツのサラダとよく合う)

一人の夜、中途半端な量のパセリとアボカドがあり食欲がイマイチだったので、中途半端に残ってその日に使い切りたかったパセリとアボカドを、手近に纏めてフルーティーなソースにした。

 

ソースと言いつつ味をみるとそのままで食べたいので、掛けずに中心に据えて、作り置きや簡単なものと好きに混ぜたりそのまま口直しとして食べたり。皿の上で爽やかな酸味と甘みと辛みが良い感じだ。

f:id:pyopyopyon:20170422233555j:plain

 ソースは以下材料をブレンダーで粉砕しただけ。

 

パセリ:みじん切りをぎゅっと詰めて150mlくらい

キウィ:1個

玉ねぎ:大玉のスライス1枚をみじん切り

アボカド:大1/3個ほど

胡瓜:イングリッシュキューカンバー5cmくらい

レモン汁:適宜

塩適宜

青唐辛子が欲しかったのだが、玉ねぎを多めにして後で唐辛子を足しながら。

爽やかな喉越し。夏にはこのままスープとしてたくさん食べたい。

 

 

プレートの上のその他

・キヌアサラダ(燻製鱒の下):

茹でたキヌアに塩とタイムと黒胡椒を混ぜて、それをたっぷりのミントとパセリとネギ少々で和えて。

 

・紫キャベツの酢漬け

1玉を刻み、ラディッシュ薄切りと混ぜ合わせ、半分づつ、それぞれ

    ①塩+レッドワインビネガー+アップルビネガー+キャラウェイシード+オレガノ少々、

    ②塩+レモン汁+ナンプラー+赤唐辛子

で和えて冷蔵庫で保存してあり、食べる時にミント、パセリ、コリアンダーやトマト等、好きなハーブや野菜で変奏させて楽しんでいた。

今回は①バージョンにミント。

これが、緑のソースにとても良く合って、お代わりした。

 

・アスパラガスとキノコ炒め

にんにく薄切りとオリーブオイルとレモンの皮と塩と黒胡椒で。

 

これとライ麦ブーレとフェンネルと白豆のスープ。