アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎7月5日に自家製味噌の封印を解く(2016年12月16仕込み)

昨年末に仕込んだ味噌を開封した。

 

imoebinankin.hatenablog.com

 

前回のが余りに美味しかったので今回は多めに仕込んだのだが、塩気も味も前回よりずっと濃い。

なんというか、手強いが深い味わいがあって、剣道の師範の深い厳しさを思わせる。

 

前回の分量を失念したのだが、塩の割合も大きかったんだろう。

しかしカビは一切なくて、たまりのような液体が表面を覆っていた。

 

f:id:pyopyopyon:20170715052350j:plain

 

内側は明るいラクダ色。

f:id:pyopyopyon:20170715052504j:plain

450mlのコンテナー2つ半くらいできた。

 

 

 

味噌汁に使うと少量ですごく効くので驚いた。

塩気だけではなく、風味が強いのだ。仄かにナッツのような香ばしさもある。

 

 

初使用では、紅鮭に酒を振り、味噌を塗って10分ほどおいてから焼いてみた。

f:id:pyopyopyon:20170712114249j:image

おおお。半日以上漬け込んだような濃厚芳醇な味わいに驚いた。

 これは良い!!

 

下に敷いたのはビーツの葉と人参とひよこ豆のロースト。

 f:id:pyopyopyon:20170712114427j:image

 人参、大蒜を薄く切って、ビーツの葉、ネギをザクザクと切って、茹でたひよこ豆、塩少々、黒胡椒、オリーブオイル、酢を少々。殆ど火が通ったらその上に鮭を置いて再びオーブンに戻し、温まった頃に上からの熱で焦げ目を付ける。味噌が焦げる良い匂いだ。

 

奥に少し見えるのは大根サラダ。

f:id:pyopyopyon:20170715053230j:plain

 大根に軽く塩とライム汁を振り、それをベビールッコラととうもろこしと乾燥岩のりを和えただけ。味噌焼き鮭と良く合った。

 

 

日を空けずにまた鮭に味噌を塗って焼いた。

f:id:pyopyopyon:20170716053309j:image

今度は椎茸、キャベツ、人参、生姜を、

ギー、ターメリックコリアンダーをしっかり、塩ぱらり。

オーブンでじっくり焼く。

その間に紅鮭に酒と味噌と生姜千切りを塗っておき、

最後に野菜の上に乗せて焼き上げた。

 

 

口直し(奥)は黄色と赤のトマトと紫玉ねぎとベビールッコラを、赤ワインビネガー、バジル、塩少々で和えたサラダ。

 

 

今年の手前味噌ライフが嬉しくてしかたない。

 

✴︎次回の味噌仕込みへ:

容器も重石もパーフェクト。塩の量を考えてみる。