アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✳︎スイスチャードと人参とマッシュルームとコーンのフィッシュチャウダー(覚書き)、✳︎林檎と大根とラディッシュとパプリカのサラダ(覚書)

鱈がセール。取り敢えず買う。身が綺麗だったモンクフィッシュ(あんこう)も。

 

レモンバターで焼いて、家にあるスイスチャード(不断草)を黒胡椒を効かせたソテーとして付け合わせるつもりだったが、クラムジュースがあったので汁物に。

大量に作ったが思った以上に相方にも好評。あっという間にはけた。

 

 

・ スイスチャード、人参、マッシュルーム、トマト、コーン、鱈、あんこうのフィッシュチャウダー

f:id:pyopyopyon:20171102071337j:image

具材:

あんこう、鱈、それぞれ1パウンド(450g)ほど、瓶入りクラムジュース240ml x 2。

玉ねぎ、人参、にんにく、トマト、マッシュルーム、コーン(冷凍)

スイスチャードは大束を。味も葉質も白身魚によく合うので、びっくりする程入れて良い感じ。

 

玉ねぎ、にんにく、人参をオリーブオイルで炒め、マッシュルーム、スイスチャードの茎、角切りにしたトマト、どんどん追加して炒める。

白ワインをどばっと入れて一煮立ちしたら、刻んだ生姜、タイム、オレガノ、瓶入りクラムジュース2本で煮込む。冷凍のコーン、ぶつ切りスイスチャードの葉を入れてくったりしたら、火力を上げて(電気だけど)、やや時間のかかるぶつ切りにしたあんこうを先に、ついで塩麹を塗った鱈の大き目の切り身をいくつか置き、周りから水を足して煮立ちそうなところで火を落として蓋をして蒸し煮に。

鱈の身は良い感じに煮崩れ分散する。

f:id:pyopyopyon:20171102235128j:image

食べる時、パセリが欲しかったが手持ちの葱を。

写真は共に作った翌日。初日は撮りそびれた。

初日の味が完璧に纏まっていたために、翌日は少し味が円過ぎた。上に黒胡椒とパルメザンチーズを。うん、これも良い。

 

 

 

・林檎と大根とラディッシュ、オレンジパプリカのサラダ

単純なものだけど、個人的大ヒット。

f:id:pyopyopyon:20171103000204j:image

林檎1個、大根(同量ほど)、ラディッシュ(その半量ほど)、パプリカ(好きなだけ)を棒状に刻んで、

レモン汁、シナモン(後、ほっとパプリカ?カイエンペッパー?失念)塩少々でよく和えただけ。

翌日に少し置いとくつもりだったけど、結局一人で食べてしまった。(相方は生の大根が苦手)。

 

 

 

食欲不振が続いていたが驚くほど良く食べた。

自分にびっくりした。