読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

★紫キャベツのコールスロー(レシピ):ヘリングと合わせてみた

 (→ 続き)

 

さて、家に紫キャベツがたくさんありました、イメージとしてヘリングとも合いそうです。

 

翌朝、紫キャベツとにんじんと玉ねぎのシンプルなコールスローを仕込みました。

レッドワインビネガー、ライム汁、塩こしょう、細かく刻んだデーツで適当に味を付けておき、ランチの時に2バリエーションで食べてみました。

 

1. 甘い系:くるみとリンゴ、香菜をプラス

胡桃とリンゴはベストコンビです。ありものハーブで香菜を。

f:id:pyopyopyon:20140802104015j:plain

 

赤紫、オレンジ、白、緑色が美しい

f:id:pyopyopyon:20140802105136j:plain

コールスロー自体は美味しい。もちろん、チーズも合います。しかし、ヘリングにはリンゴが余計なようでした。

これは単独サラダとして活かしましょう!

 

 

2. アボカド、香菜、ライム汁をプラス。仕上げにレッドチリペッパー

f:id:pyopyopyon:20140802105106j:plain

見た目にさっきほどの華やかさはありませんが、かなり美味しい☆☆

f:id:pyopyopyon:20140802105244j:plain

ヘリングとも相性抜群でした。

 

ということで、コールスローの作り方を。

★紫キャベツのコールスロー

材料(作りやすい分量)

 ・紫キャベツ:3枚(薄い千切り、芯も薄くスライスして千切りに)

 ・にんじん:中1本(できるだけ細い千切り)

 ・玉ねぎ:1/2〜1個(薄切り)

 ・乾燥デーツ:3個(みじん切り)

*上記の野菜を刻んだら、全部を↓下記の材料と合わせてよくよく混ぜます。

 

 ・レッドワインビネガーか、お酢:適当(ドバっと)

 ・ライムかレモンジュース:1/4個分〜

 ・塩こしょう:適宜

 

時間をおくと味が馴染んでかさも減ります。最終の味調整はその時でも良いと思います。

今回はこれだけでもぽりぽりと止まらない美味しさとなりました。

仕上げにお好きな工夫をプラスしてみてください。

他にも、チーズ、くるみ、ミント、オレンジ、ビーツ、ヒヨコ豆も合いそうです。

 

*翌日の朝も。あとはライ麦パンとフルーツスムージー。美味しかったです。

f:id:pyopyopyon:20140803112726j:plain