アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

きぬかつぎ、高野豆腐と牛蒡と獅子唐の炊きあわせ、マヒマヒと帆立のライムガーリックソテー、インド人のおばあちゃんのスープ

前回のひじきと、高野豆腐の炊きあわせが残っていたので、最初のイメージは和食でした。

 

ホマレ姉さんの記事の、きぬかつぎを作ってみました。


今年、最後のレシピ。 - 今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

 

できあがり。

f:id:pyopyopyon:20150112115819j:plain

私のはあか抜けませんが、ほのかな昆布の香りに包まれて美味しい!

蒸した里芋は大好きで、度々食べていましたが、昆布一枚でこうも違うとは。

 

黒ごまと、とてもよく合います。今までは梅塩と青のり(または青さ粉)をつけていましたが、塩もつけずに黒ごまと青さ粉でいただきました。

昆布はパリパリになっていましたが、これがおしゃぶり昆布のようで美味しかったです。

 

・高野豆腐と牛蒡と獅子唐の炊きあわせ

f:id:pyopyopyon:20150112120703j:plain

前回は冷たくしましたが、今回は温めて。やはり温めたほうが素材が香ってよい。

お出汁は薄味なのでそのままおつゆとしていただきました。

 

・ひじきの煮物(前回と同じ)

・ほうれん草のお浸し

f:id:pyopyopyon:20150112120906j:plain

味付けはディジョンマスタード、干し柚子皮、お醤油ちょっぴり、そして胡麻と岩のり。岩のりは余分だったかな。ディジョンマスタードは美味しかった。

 

 

・マヒマヒと帆立のソテー

f:id:pyopyopyon:20150112121322j:plain

マヒマヒは塩麹とライム果汁、ライムの皮、生姜、ニンニクのみじん切り、黒胡椒、カイエンペッパー味。

帆立には干し柚子皮とライムの皮。最後にニンニク、ライム汁、香りにお醤油数滴。

どちらもとても美味しかったので、後で別記事にメモります。

 

 

・挽き割り豆のスパイススープ

f:id:pyopyopyon:20150112121908j:plain

こちらはお向かいのインド人のおばあちゃん作。

レンティル、ヒヨコ豆など挽き割り豆、マスタードシード、トマトなどが入っているのが分かります。それらがクミンシードやコリアンダーなどのスパイスと共に良く煮込まれて、さらさらだけど少しとろりとした食感が残る、さっぱりとしたスープ。とにかく香りが良いです。

はにかみ屋のおばあちゃんが、最近良く話してくれるのでとても嬉しいです。

 

 

和で始まり、途中から南洋に飛び、南インドに飛んでいましたが、なんとなく味がきれいに調和しており。

美味しいディナーとなりました。

 

(こうして見るとお椀の淵がむごい。でもこういうのもほっとしたりする。)