読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

✴︎ツナとさつま芋のパテ(覚え書き)、コールスロー、キャロットスープ

紫さつま芋と思っていた芋を蒸かして切ると、黄色であった。
甘い芋で、ココナツオイルがよく合う。

食料品店で特に食べたい素材がなく、途方に暮れてツナ缶を買った。
久しぶり過ぎて調理台の上で他人行儀な雰囲気を醸している。その時、ふと、先ほどのふかし芋と目が合った。
そしてなんか面白いものができた。
ハーブとスパイスを混ぜ込んだパテだが、甘みと食感が何かの記憶を弄る。
相方に分けると「クラブケーキの味だ」と言われ納得。不思議だ。
記事にするのも気がひけるが、リピートのリクエストをもらったので、やはり書いておく。


ツナとさつま芋のパテ
f:id:pyopyopyon:20160121121902j:image

材料:
ツナ缶1つ、
玉ねぎみじん切り(ツナと同量ほど)、
ふかし芋(太いの3cmほど)

粒マスタード(大匙1弱)
ホットパプリカ(多めにざざっと)
乾燥ディル、
乾燥セージ、
塩胡椒
ココナツオイル

ふかし芋を潰して材料を全部混ぜる。味をみて、味をやや強めに調節。
オーブントースターを温める。
厚めの小判形にし、ココナツオイルを敷いたアルミホイルに並べ、火で上面が色づき始めるまで焼いてから、最後に上からに切り替え、焦げ目をつけておしまい。
全てそのまま食べられる素材なので調理時間はあまり厳密にならずとも良い。
f:id:pyopyopyon:20160121121945j:image
玉ねぎとさつま芋とココナツオイルの甘さに、ほのかなスパイス。
青みがなかったのが残念。
チャイブかネギ、青唐辛子が合いそう。次は入れよう。

見えにくが、付け合わせは、マッシュルームとブロッコリーのソテーと、
刻みキャベツ、人参、エシャロットをライム汁と粒マスタードで和えただけのコールスロー
後者は最近の常備菜で、常時冷蔵庫にある。今回は人参とエシャロットだが、香菜やネギも良い。


定番キャロットスープ。
f:id:pyopyopyon:20160121122109j:image
材料は人参、キャベツ、玉ねぎ、生姜、水。
人参はキャベツと玉ねぎを合わせたより多いくらいに。
適当に切った材料をひたひたより少なめの水で柔らかくなるまで煮て、ブレンダーにかけるだけである。
食べる時には胡椒と、たっぷりのライム汁とライムの皮を削って。
味付けはこれだけ。そしてこれが重要なポイント。
甘さと酸っぱさと野菜の旨味。

追記:

一人用として作ったので、ツナ缶一つで小さいの4つにまとめましたが、2人前だとたぶん少ないです!翌日でも美味しいので、多めに作ろうと思いました。