読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

ニューメキシコのチリペッパー(唐辛子)について(体験談)

先日のポソレの続きエントリーです。

ニューメキシコへ旅行した時にはたくさんの驚きがありました。その中の一つがチリペッパー(唐辛子)のおいしさと風味の豊かさです。

唐辛子はただ辛いだけではなく、風味を楽しむものだった。

これは目から鱗でした。

チリペッパーの原産地なので現地には様々な種類がありますし、食の味付けの基本となっていて、和食でいうと「出汁」のような位置づけと思われます。

 

あと、初めて知ったのはグリーンペッパーとレッドペッパーの違いでした。

 

現地では、未熟なうちに収穫した「グリーン」と、熟してから収穫した「レッド」を好みで使い分けます。料理を注文すると「グリーンかレッドか」と聞かれますが、「両方」もありです。その場合は「クリスマス」と答えます。

 

ニューメキシコを訪れたのは、ちょうどチリペッパーの収穫シーズンでした。(8月〜10月。)

青空市に行くとたくさんの種類のグリーンペッパーが出回っていました。鉄の網の大きな円柱型を横にした回転式のロースト器でどんどん焼いていきます。お汁が炎に滴り落ちて、なんともよい匂いが立ち上ります。

f:id:pyopyopyon:20140329023046j:plain

 

試食もあり、焼きたてを食べる事ができました。

f:id:pyopyopyon:20140329023103j:plain

それがもう、美味しいのなんの!!

マイルドなものは、辛みはほのかでむしろ甘みと旨味が強い。

Joe Parkerと Big Jimというのが気に入りました。

 

この時期、各家庭では一年分のグリーンチリをローストして、ジップロックに入れて冷凍保存するそうです。

 

一方、完熟のレッドは天日に干して保存するそう。それを挽いて粉にしたり、水で戻して料理に使います。

もちろん、こちらも色々な種類がします。

特に薫製させた「チポトレ」チリパッパーは、まさに鰹節のような濃厚でふくよかな香りと旨味を持っています。

 

先日のポソレでは、水で戻したものをペースト状にして使います。今度試してみたい、と思った次第です。

(おまけ:ニューメキシコの田舎のレストラン、ここは隠れた名店でした。何を食べても美味しかった。)

f:id:pyopyopyon:20140329023140j:plain

 ポソレ

f:id:pyopyopyon:20140329023120j:plain