アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録

野菜好きが作る、野菜主体のご飯のこと。

#堅果類、種類ナッツ、シード類

焼き烏賊と椎茸、ラディッシュの葉と梅紫蘇と生姜とブラッククミンの炒り煮、若布と胡瓜と海老の酢の物、なめ茸、グリンピースと椎茸の卵とじ、薬味どっさり味噌汁

和食は冷たい品を作りやすい。色々と摘むイメージで。 ・若布と胡瓜と海老の酢の物 若布に刻んだ紫蘇を混ぜ込む。 海老は蒸して殻を剥き、汁ごと冷やす。 味付けはリンゴ酢、デーツ煮汁、醤油数滴、盛り付けてから海老からの汁とライム汁をまわしかけて、 刻…

✴︎簡単なピーナツソースを絡めて食べる南国風ワンプレート

ワンプレートディッシュ。 「ココナツ風味のサーモンに唐辛子とミントを効かせたマンゴーサラダとピーナツソース添え」が一応主菜か。 皿の上全てが口の中で混ざって料理が完結する、といえば聞こえが良いが、 夕食時になるまで何も考えておらず、自分用にあ…

✴︎ギーとフェンネルとルタバガとオレンジ皮とスパイスのスープ(覚書き)、タスカンケールとトマトとレモン皮その他のサラダ

前記事の翌々日、残りのルタバガで再びフェネル&ギーのスープを作った。前回の林檎に対し、今度はオレンジ皮と粒アーモンドと辛味と苦味を合わせ持つスパイスで。 前回: imoebinankin.hatenablog.com 少しの変化で、主材料の野菜の甘みが持つフレーバーの…

✴︎ひよこ豆と柘榴とパプリカとラディッシュ酢漬けのサラダ(覚書き)、栗と芽キャベツとブロッコリーのロースト、縮緬キャベツと人参と雛豆のスープ

冬になると豆を煮る。煮える匂いが一番心地よいのは冬なのだ。 小豆を昆布だけで煮た。その匂いが消えると次に雛豆を煮た。 たくさん茹でて気が向いたときに使うのだ。 ・ひよこ豆、柘榴、オレンジ色パプリカ、ウォーターメロンラディッシュ酢漬けのサラダ …

✴︎紫芋茹でて栗の甘露煮サラダ(次回へ覚書)

大きな栗の実をもらった。 私は栗は食べたい時に焼き栗にするだけで、茹でた事がない。 ふと正月に栗きんとんを作ってみるか?と思い付き、甘露煮にしてみることに。 プロセス写真を撮りそびれた。自分用に覚書: 1栗を水に浸す(鬼皮を柔らかくするため。1…

✴︎万能基本形のキャベツのライム汁と粒マスタード和え:タラゴンと栗を混ぜて

キャベツのライム汁と粒マスタード和えが、最近の常備菜である。 紫キャベツでも 良く作る。 今回は 紫キャベツ 1玉 紫玉ねぎ 半個 香菜 10本くらい を千切り、みじん切りにしてライム汁と粒マスタードを加減をみて味を付け、キャベツが固いので少々塩をした…

ヘンプシードをふりかけた根菜と豆苗とアボカドのサラダ、牛肉のチポトレ塩麹焼きプレート(相方作)

ヘンプシードを見つけて買ってみました。 殻をとってあるので食べやすいです。小さな小さな粒で、それに似合った小さな歯ごたえと松の実を思わせるような甘いフレーバーがあります。ヨーグルトにそのままかけても美味しかった。 適当にある材料を使ってサラ…

チアシードザクロ、とおまけ

携帯からです、小ネタとなります。 ・チアシードザクロ だいぶん前に買ったチアシードをそろそろ使わねば、と、とりあえず水に浸すと思わぬ分量に膨れ上がりました。 一瞬ひるみましたが、偶然剥いてあったザクロとよく合うことを発見し、以来、朝昼晩、とデ…

芽キャベツ、栗、玉ねぎ、マッシュルーム、パプリカのロースト(覚え書き)、ヨーグルトを使ったガーリックマッシュポテト

この日↓のミートローフの付け合わせに作った野菜のローストがとても美味しかったのでメモします。 (予告)チリオレンジミートローフ、芽キャベツと栗のロースト、ガーリックマッシュポテト、バターナッツスクワッシュスープ - アメリカ生活 お野菜たっぷり…

(予告)チリオレンジミートローフ、芽キャベツと栗のロースト、ガーリックマッシュポテト、バターナッツスクワッシュスープ

牛ひき肉、ローストしたアナハイムペッパー(グリーンチリペッパー)、瓶詰めの栗が残っていたので、2回目のミートローフと付け合わせを作ることにしました。 前回の記事: 予告★オレンジジンジャーチリ味の焼きラディッシュと人参、オレンジと人参の葉のサ…

5月19日:ベビーレタスとアボカドとチコリときゅうりとトマトの和風サラダ、出汁巻き卵、その他盛り合わせプレート

温かくなって、固いアボカドが部屋であっという間に熟すようになりました。 そんな時期は野菜も和えただけのシンプルなサラダが一番美味しい気がします。 適当に作ったこのサラダ、食感と甘み苦み、酸味とクリーミーさのハーモニーが素晴らしかった。 アボカ…